« 民族浄化につながる思想 | トップページ | 止まれない »

2013年10月30日 (水)

無理な望みですが

無理な望みですが

朝鮮日報:「韓国人強制徴用者の郵便貯金、払い戻し困難」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/10/30/2013103000601.html

日本による植民地時代に炭鉱の採掘などに動員された韓国人たちは、郵便貯金の形で賃金の一部を強制的に貯金させられた。日本企業は徴用した労働者たちに貯蓄を強制した上、逃走防止の名目で通帳を渡さなかった。このため日本の敗戦後、大半の貯金が戻らなかっただけでなく通帳すら返してもらえなかった。

仮に韓国政府が払い戻するというのならば、日本は情報を渡せば良いと思うのですが。そうすれば、貯金を受け取れなかった人々に(あるいは、その子孫に)お金を渡すことができるのですが。

  *        *        *

現実には、韓国政府は、そんなことを言えないし、言ったところで信用できないので、無理な望みでしょう。しかし、貯金をした人がお金を受け取れないこと自体は残念に思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 民族浄化につながる思想 | トップページ | 止まれない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58483720

この記事へのトラックバック一覧です: 無理な望みですが:

« 民族浄化につながる思想 | トップページ | 止まれない »