« そんなこと出来たら苦労はせんわ! | トップページ | 蝙蝠さんは »

2013年10月28日 (月)

永遠と10万年、どっちが長いですか? まとめて管理するのと環境中に垂れ流し、どちらが良いですか?

永遠と10万年、どっちが長いですか? まとめて管理するのと環境中に垂れ流し、どちらが良いですか?

朝日新聞:水俣、消えぬ水銀の影 埋め立て地での管理続く
http://www.asahi.com/national/update/1005/SEB201310050003.html

かつて水俣病を引き起こした水銀が、今も熊本県水俣市の水俣湾埋め立て地に眠っている。水俣病公式確認から57年あまり。水質も魚も昔通りに戻ったとされる海だが、埋め立て地の管理は今後も必要で、魚の風評被害も払拭(ふっしょく)されていない。
:


その公園の地下には、高濃度の水銀が埋まる。水俣病の原因企業チッソが垂れ流したものだ。公園は、485億円を投じて1977~90年に県と国が実施した「公害防止事業」の埋め立て地58ヘクタールの中にある。

放射性廃棄物を10万年の長さにわたって安全に管理しないとなんていうと気が遠くなりますが、埋め立てた水銀の有毒性は永遠です。10万年じゃなくて100万年じゃなくて、1000万年よりも長いのです。

そして、日々、様々な有害物質が環境中に排出されています(事故がなくても)。原発からの廃棄物は集中管理され環境中に垂れ流しではありません(事故がないかぎり)。

私には原発からの廃棄物が、それ以外の工場や自動車や様々なものがもたらす環境汚染にくらべて危険なものとは(少なくとも大騒ぎするほど差があるとは)思えないのです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« そんなこと出来たら苦労はせんわ! | トップページ | 蝙蝠さんは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58472133

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠と10万年、どっちが長いですか? まとめて管理するのと環境中に垂れ流し、どちらが良いですか?:

« そんなこと出来たら苦労はせんわ! | トップページ | 蝙蝠さんは »