« 憲法無視して何が起きますか | トップページ | 「意志」じゃなくて、「方法」を見せてくれ »

2013年10月 7日 (月)

安心してお戻り

安心してお戻り

朝鮮日報:朴大統領の「日本責任論」 韓米の対立材料に
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/10/07/2013100701441.html

オバマ大統領が日本の軍事的役割の強化を支持したことにより、東アジア地域の政治的緊張について、「日本責任論」を主張してきた韓国の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領と衝突するのではないかとの懸念が高まっている。



しかし、ヘーゲル国防長官が朴大統領と会った直後の3日、東京で行われた米日安全保障協議委員会(2プラス2)では、米国が日本の軍事的役割の拡大を積極的に支援する点で一致した。これまで日本の憲法による制約があった日本の集団的自衛権行使にも公に支持を表明した。朴大統領の立場としては、右傾化した日本が米国の承認を受け、「戦争できる国」への第一歩を踏み出すさまを目にした格好だ。



朴大統領の就任後、韓米の同盟関係は李明博(イ・ミョンバク)政権に続き、友好的なムードが維持されてきた。しかし、対日関係をめぐる見解差で、朴大統領とオバマ大統領の立場が激しく衝突した場合、韓米関係全体に悪影響を与える可能性もある。

産経新聞:日本拒否鮮明に 中韓首脳、関係強化を確認 習氏「中韓はどれほど緊密か」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131007/kor13100719590001-n1.htm

韓国の朴槿恵大統領と中国の習近平国家主席は7日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が開催されているインドネシア・バリ島で会談し、中韓関係が強化されていることを確認した。韓国政府高官が明らかにした。



朴氏と習氏の会談は6月以来3回目で、同高官によると、習氏は「中韓関係がどれほど緊密で重要なものかを物語っている」と強調。

韓国は中国の懐へ安心して戻ると良いと思います。

  *        *       *

日本としては韓国を日米の側に留めようと無理するよりも中国の側になってしまった場合の対応を議論するべきではないでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 憲法無視して何が起きますか | トップページ | 「意志」じゃなくて、「方法」を見せてくれ »

コメント

中国さん、韓国をかわいがってあげてね。
決して「北」へのパシリに使ったりしないでよ。

投稿: a | 2013年10月 8日 (火) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58340758

この記事へのトラックバック一覧です: 安心してお戻り:

« 憲法無視して何が起きますか | トップページ | 「意志」じゃなくて、「方法」を見せてくれ »