« 純粋な儀式ではありません | トップページ | 天皇陛下がお召し上がりになることで浄化される »

2013年11月27日 (水)

防空識別圏と中国の失敗(あるいは傲慢)

防空識別圏と中国の失敗(あるいは傲慢)

毎日新聞:質問なるほドリ:防空識別圏って?=回答・青木純
http://mainichi.jp/shimen/news/20131126ddm003070095000c.html

Q 防空識別圏に航空機が入ってきたらどうするの?

A 自衛隊は防空識別圏に入ってきた航空機のうち、国際民間航空機関(ICAO)のルールに基づく届け出がなく領空に急接近してきたり、不審な動きをしている航空機に緊急発進(スクランブル)をして、領空に近づかないよう警告などを行っています。民間航空機はICAOのルールに基づき関係国に飛行計画を届け出ることが義務付けられており、自衛隊は飛行計画と実際の飛行機の動きを見比べているわけです。

Q 中国も同じように警戒するのかな?

A 中国は今回、ICAOのルールに基づく届け出とは別に飛行計画を外務省か航空当局へ提出するよう求めています。さらに、命令に従わない場合は武力による防御措置を取ると宣言しました。防衛省関係者は「国際的に定まっている慣例を大きく逸脱しており、日本だけではなく世界各国を敵に回すような主張だ」と指摘しています。

防空識別圏の設定そのものよりも「ICAOのルールに基づく届け出とは別に飛行計画を外務省か航空当局へ提出するよう求めています」ということの方が何倍も問題です。

  *        *        *

ある国に届出をすることが「義務」であるならば、その事についてその国が権利を持っていることになってしまいます。つまり領土と同じような主権が生じてしまいます。世界には隣国同士で争いのある国だらけです。そういった国同士は互いに相手に届出なんてしたくないでしょう。しかし、飛行の情報がなければ不慮の事故が起きやすくなります。

  *        *        *

飛行の情報と安全と主権と政治、こういったものの現実的な解が(中立と言うことになっている)国際機関です。

国際民間航空機関のような特定の国家に支配下にない組織を介在させることで、主権や政治と情報共有や安全を両立させているのでしょう。

  *        *        *

「国際的に定まっている慣例を大きく逸脱しており、日本だけではなく世界各国を敵に回すような主張だ」

波風の立たないようにみんなで決めたルールを無視して「オレに断りなしに飛ぶんじゃねぇ」なんて事を言ったら嫌われるのは当然です。だって、中国の言うことが通ってしまったら、いろんな国が同じ事をやりはじめて、メチャメチャになってしまいますから。

  *        *        *

中国は世間知らずの田舎のヤクザのように振る舞っています。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 純粋な儀式ではありません | トップページ | 天皇陛下がお召し上がりになることで浄化される »

コメント

愛国無罪。
日本になら何を言ってもOK。
例え、国際法や慣習を無視していても。
が、根底にあるように思える。

この1年、中韓との会談の無さを気にかけず、アジア諸国、ASEAN諸国と、会談をしてきたおかげで、中国の身勝手さを、見せつけることができた。

投稿: a | 2013年11月27日 (水) 22時32分

【参考】
設定を宣言した23日、中国の情報収集機が飛行し、そこは日本の防空識別圏でもあるから、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進し中国機に接近し監視した。

言うまでもなく中国から見ると中国の防空識別圏を日本の戦闘機が飛行しているわけだから、中国の戦闘機が緊急発進して日本の戦闘機に接近して監視しなくてはならない。ところが中国の戦闘機は緊急発進しなかった。

そもそも防空識別圏とは戦闘機が緊急発進する範囲を指す。戦闘機が緊急発進しない防空識別圏など何らの実効性を持たない、言わば絵に描いた餅でしかない。それを見た米軍はB52爆撃機を飛行させ、やはり中国戦闘機は発進せず、中国が宣言した防空識別圏は八方破れの陣となった。

投稿: a | 2013年11月29日 (金) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58655437

この記事へのトラックバック一覧です: 防空識別圏と中国の失敗(あるいは傲慢):

« 純粋な儀式ではありません | トップページ | 天皇陛下がお召し上がりになることで浄化される »