« 何が起きるか判っている? | トップページ | 衝撃? »

2013年11月 6日 (水)

命かカネか

命かカネか

毎日新聞:火論:霧の記憶
http://mainichi.jp/shimen/news/20131105ddm003070052000c.html

いま経済急成長の中国の深刻な大気汚染について国際協力で取り組む機運がある。先週はディーゼル車規制で実績ある東京都で日中双方の担当者らによる討議があった。

ことは急を要する。だが、物質的繁栄を追い求めたいという欲求を、セーブする価値観を共有できるかがカギだ。

例えば、先に繁栄を享受しておいて、後からの者は我慢せよというのか、という心情的反発にどう応えるか。

いや、二酸化炭素とかの人体には無害だけれど地球環境に影響があるもになら先進国に対して「先に繁栄を享受しておいて、後からの者は我慢せよというのか」って言うのは成り立つけれど、いまのPM2.5とかの環境汚染は中国人自身が死んでいるのですよ。

だから、彼等自身の命と目先の「物質的繁栄」が天秤に乗っているのですよ。

  *        *       *

目先の、ってした理由は、環境汚染がこのまま悪化すると経済的繁栄も無くなるから(外国から人間が来なくなる。最悪の場合、労働者が死んでしまって働き手がいなくなる)。

  *        *       *

彼等が彼等自身の命と目先のカネのどちらをとるかは、彼等自身の問題です。ですから、その事について、私たちが言えることはありません。

しかし、彼等のやることが私達の生活に影響するならば、私達は彼等に請求書(対策費用)を突きつけるべきです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 何が起きるか判っている? | トップページ | 衝撃? »

コメント

中国っていう国は、法律(規制)を作ったら、快方に向かうという国でない。
法を守ったら「儲かる」がないと動かない国。
公害対策は、お金がかかるばかり。
目先のお金に敏感な中国人は命を縮めるとわかっても、動かないと思う。

投稿: a | 2013年11月 6日 (水) 22時21分

aさん
(理想的には)トップダウンの国ですから。上が動けば下も動きますよね。
つまりは上が機能していないだけでしょうね。

そして犬HKの誘導通り、
日本の企業よ、中国本土の環境対策に走れ!
(ただし費用は日本持ちでね♡)ですが、
ODAを朝貢する代わりに環境対策費用(技術付き♡)になったりして。

投稿: ohsui | 2013年11月10日 (日) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58527528

この記事へのトラックバック一覧です: 命かカネか:

« 何が起きるか判っている? | トップページ | 衝撃? »