« 日本の首相が言ったらどうなる? | トップページ | なんとかしてくれ »

2013年11月24日 (日)

3兆円あったら

3兆円あったら

高知新聞 社説:【南海トラフ法】防災力を高める「武器」に
http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=311632&nwIW=1&nwVt=knd

南海トラフ巨大地震対策への財政支援を強化する特別措置法が、参院本会議で可決、成立した。

集落の高台移転への補助拡大など、本県が行ってきた政策提言も盛り込まれている。これを機に防災、減災の取り組みをさらに加速させたい。

内閣府の想定では、東海沖から九州沖の南海トラフを震源とするマグニチュード9・0の地震が起きた場合、最大32万人余りが死亡する。このうち津波による死者が23万人と7割を占める。経済被害は220兆円に上る。

原発停止による輸入燃料の費用の増加は年間3兆円だそうだ。毎年毎年3兆円かかっているわけだ。

で、あるならば原発を稼働して燃料費を節約して、そのぶんの費用を防災に投入したらどだろう。1年だけうごかせば3兆円節約できる。電力会社に全部出せと言うのは無理かもしれないが、半分出させても1兆5千億円だ。

  *         *          *

1兆5千億円、3兆円あったらどれだけ災害対策が出来るだろうか。

何十万人もの死者が予想される南海トラフ巨大地震、事故が起きても健康被害は、つまり死傷者は、ほとんどゼロに等しい原子力発電所。

さて、いのちを大事にするならどうするべきだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 日本の首相が言ったらどうなる? | トップページ | なんとかしてくれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58632615

この記事へのトラックバック一覧です: 3兆円あったら:

« 日本の首相が言ったらどうなる? | トップページ | なんとかしてくれ »