« アメリカの衰退、東アジアの風雲 | トップページ | イエス・キリストよりグーテンベルグ »

2013年12月27日 (金)

反省の強要が戦争を引き起こす

反省の強要が戦争を引き起こす

中日新聞 社説:真の慰霊になったのか 安倍首相靖国参拝
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2013122702000091.html

今回の靖国参拝がより深刻なのは、首相が同盟関係の強化を目指してきたはずの米国が「日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動をとったことに、米国政府は失望している」(在日大使館声明)と、異例の強い調子で首相を批判していることだ。

アジア・太平洋地域では、中国の軍事的な台頭、北朝鮮の核・ミサイル開発など、安全保障環境が悪化している。日米安全保障体制の信頼性が揺らげば、中国に軍事的冒険の誘因を与えかねない。

「従軍慰安婦」や「靖国参拝問題」は、中国や韓国が言い出した事ではなく、日本のマスコミが騒いで始めて、日本のマスコミが騒いで政治家がオタオタするから中国や韓国が攻撃材料として使うという図式があるように思います。

そして、反省しろと迫る中国や韓国は引くに引けなくなっている。日本は反省しろという偉そうな態度に我慢が出来なくなってきている。

「従軍慰安婦」や「靖国参拝問題」も解決済み・もしくは放置が可能な問題です。マスコミが独り善がりな「正しさ」を要求してしまったが為に、戦争にもなりかねない、そんな状況に思えます。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« アメリカの衰退、東アジアの風雲 | トップページ | イエス・キリストよりグーテンベルグ »

コメント

沖縄への国費3500億円、いったい何に使ってきたのだろうという話になった。

近年減っていたとはいえ、それだけの規模のお金を長年突っ込まれていたら、住民の生活は相当に楽になっている思うのだが。

投稿: oki | 2013年12月27日 (金) 08時39分


センチメンタルな文脈やヒロイズムに傾倒した目で歴史を視て、その歪んだ像を「今こそ学ぶべき」とか言って現実に投射させようとするのってほんと有害で危なっかしいんだよね。ゼロ戦の小説書いた作家が「参拝すべきと総理に言った」とコメントしてるのとか、自己陶酔もいい加減にしてほしいです。

投稿: 竹田圭吾 ‏@KeigoTakeda | 2013年12月27日 (金) 11時47分


2013.12.27の『中日新聞』朝刊に寄せた、前日の安倍晋三首相の靖国神社参拝に対する「與那覇潤・愛知県立大准教授(日本近現代史)の話」は、以下のとおり。

編集部の振ったタイトルは、「反発の認識甘い」。

A級戦犯がまつられている靖国神社への参拝は、極東国際軍事裁判やサンフランシスコ講和条約など米国中心の戦後体制に挑戦し、いわば国際社会全体の「憲法」の改正を要求するような行為だ。


強固な日米同盟を目指す安倍首相が、中韓のみでなく米国からの反発を予想しなかったとすれば認識が甘い。

批判する側も、歴史論争の問題としてだけでなく、国際政治の中で有益な判断であったかどうかをただすべきだ。

投稿: 與那覇潤(Yonaha Jun) ‏@jyonaha | 2013年12月27日 (金) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58827883

この記事へのトラックバック一覧です: 反省の強要が戦争を引き起こす:

« アメリカの衰退、東アジアの風雲 | トップページ | イエス・キリストよりグーテンベルグ »