« 中国と韓国へ言ってください | トップページ | 干渉と説教を拒否すること »

2013年12月14日 (土)

強制執行・ビジネスの継続

強制執行・ビジネスの継続

47NEWS:三菱重、敗訴確定でも賠償せず 韓国の強制労働訴訟
http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013121301002066.html

三菱重工業は13日、太平洋戦争時に強制労働させられたとして韓国人の元徴用工らに訴えられた2件の訴訟で、最終的に敗訴が確定しても損害賠償には応じない考えを明らかにした。共同通信とのインタビューで宮永俊一社長が「(賠償問題は解決済みだとする)これまでの立場を貫く」と明言した。

三菱重工を被告とする韓国での訴訟は、釜山高裁で7月、光州地裁で11月にそれぞれ三菱重工に賠償を命じる判決が出ており、三菱重工は上訴。最高裁でも敗訴し判決が確定する可能性が高まっている中、三菱重工が確定前に立場を明確にした。

三菱重工は韓国との(韓国での)ビジネスを継続するつもりなのでしょう。だから賠償しない。

もしも、この賠償を認めてしまえば、70年前以上も昔の事、記録も記憶も無いことで、つまり全く予想も出来ないことで、突然、賠償しなければならなくなると言うことです。そんな場所でビジネスが出来るでしょうか。

ですから、もし韓国でビジネスをしたければ、この賠償に応じてはならないのです。

  *        *        *

裁判が確定して、しかし賠償命令を無視した場合、強制執行もありえます。強制執行が行われたら、賠償に応じようが応じまいが、結局、突然、予想もできず財産を失うことになります。そんな場所ではビジネスは出来ません。

日本の歴史ある企業の多くが韓国ではビジネスが出来ないということになるでしょう。

  *        *        *

賠償の拒否は、ボールを韓国政府に投げたものと言えるでしょう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 中国と韓国へ言ってください | トップページ | 干渉と説教を拒否すること »

コメント

兵庫県西宮市の甲子園球場で阪神タイガースが勝利すると周囲のヤクザベンツに乗ったヤクザらが万歳三唱をします。。

投稿: 甲子園球場 | 2013年12月14日 (土) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58752134

この記事へのトラックバック一覧です: 強制執行・ビジネスの継続:

« 中国と韓国へ言ってください | トップページ | 干渉と説教を拒否すること »