« 騙された方も | トップページ | 少数野党はいがみ合ってこそ »

2013年12月21日 (土)

年金減額の責任は

年金減額の責任は

しんぶん赤旗:振り込み通知に「悔しい」 年金削減許せない 撤回へ審査請求
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-12-20/2013122001_03_1.html

高齢者の命綱となっている公的年金が13日振り込みの10月分と11月分から削減が強行されました。物価下落を口実に2015年までに2・5%、1兆3000億円減らす計画の第1弾となる1%削減です。基礎年金で年間2万円(満額支給の場合、月額6万5千円)もの削減を行う暴挙に怒りが広がっています。



年金者組合は来月31日、全国47都道府県でいっせいに不服審査請求を行う予定です。冨田浩康委員長は「10万人の審査請求をめざしています。憲法25条が保障する生存権を形がい化する安倍政権を包囲し、高齢者も若者も将来に希望を持ち、安心して暮らしていける年金制度の確立を求めていきたい」と話しています。

老人が年金が少ないとか減ったと言っているのを見聞きするとイライラする。年金問題の原因は、もらう人間が増え支払う人間が減ったことだ。つまり少子高齢化が原因で、子供は自分自身で勝手に産まれることは出来ないから、親世代が産まなかったらであり、親世代の上の世代が産みやすい社会を作らなかったから。

つまり、どう考えても少子高齢化の原因は高齢者にこそあり、現役世代や将来世代にはない。いや、現役世代には少しはあるかも知れないが、高齢者よりも小さいことは確実だ。

年金が減ることの責任は高齢者にこそある。

  *        *       *

その自分達の責任を無視して年金が減ることに不満を言う。

だからイライラする。

  *        *       *

不満を言うのは勝手だけれど、自分達の責任を無視して代案や影響を考えずに、不満を言っても説得力を持たない。

  *        *       *

私は、年金を減らしてでも、子育支援や奨学金に使うべきだと思う。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 騙された方も | トップページ | 少数野党はいがみ合ってこそ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58791779

この記事へのトラックバック一覧です: 年金減額の責任は:

« 騙された方も | トップページ | 少数野党はいがみ合ってこそ »