« テロ・デモ・クレーマー | トップページ | 政治的正しさと »

2013年12月 4日 (水)

ていねいな議論で現状維持と既得権益

ていねいな議論で現状維持と既得権益

時事通信:党首討論要旨
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013120400910

海江田氏 国民の不安、疑問を解消するために、ゆっくり時間をかけて議論してほしい。

首相 秘密保全を前提に各国は情報を提供する。そのための法律だ。議論を丁寧に進めながら、どこかで終局に至る。与野党で修正協議が進み、建設的な修正がなされたことは大きな成果だ。決断すべきときには判断いただきたい。

ていねいな議論に反対する人はいないだろう。しかし、全員が納得するまで議論するとなるとどうなるだろうか。それは、既得権益を守ろうとしてゴネている人が一人でもいたら結論が出せないということになる。結論が出せないとき、それは何も変えないということだ。

何も変えない、それは既得権益を持っている人間にとって有利ということ。

   *        *        *

既得権益を持っている人間、日本の変化を望まない人間は自民党ではなく、どこか野党を応援したほうが良いかもしれない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« テロ・デモ・クレーマー | トップページ | 政治的正しさと »

コメント

アメリカと深度の深い情報交換が可能になれば、沖縄から米軍は撤退できる。
特定秘密保護法案は、沖縄の基地縮小に繋がる物。
沖縄の基地負担を気の毒に思うなら、早急に法律を成立させるべきでしょう。

投稿: a | 2013年12月 5日 (木) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58698542

この記事へのトラックバック一覧です: ていねいな議論で現状維持と既得権益:

« テロ・デモ・クレーマー | トップページ | 政治的正しさと »