« 既視感の予感 | トップページ | 誰も死んでないけど »

2013年12月11日 (水)

敗北する者達・私達に必要な野党とは

敗北する者達・私達に必要な野党とは

BLOGS:みんなの党の「エダ分かれ」をどう見るか
http://blogos.com/article/75660/

いずれにしても、野党勢力の再編や結集の課題は、あくまでも自民党一強体制に対抗し、それに取って代わることです。与党にすり寄って自民党に手を貸すような新たな補完勢力や翼賛政党を生み出すことではないということだけは、忘れないようにしてもらいたいものです。

政治の目的は国民により良い生活をもたらすことです。ですから野党の目的は自民党を否定することではなくて、実施される政策がより良いものになるようにすることです(その手段や中間目標として政権交代があっても悪くはありませんけれど)。

  *      *       *

自民党は前回の選挙で勝利し議会で多数派となりました。つまり、多数決をすれば自民党が勝つのです。正面衝突すれば自民党の案で決まってしまいます。

それで良いんでしょうか。

野党としては、と言うか政治家として、それで良いんでしょうか。

  *      *       *

必要なのは、少しでも政策や法案をより良いように修正することです。たとえ「与党にすり寄って自民党に手を貸すような新たな補完勢力」のように見え、批判されたとしてもです。そういう事ができる野党が必要とされているのです。

キレイごとだけでなく汚れ仕事も出来る野党が必要なのです。

  *      *       *

自分達が賛成した政策が実施されたら、責任が伴います。いえ責任の有無に関わらず当事者意識が芽生えます。その経験は与党になった時に、役立つ資産となるでしょう。

  *      *       *

自民党を否定することを要求しているうちは、政権を獲得できる政党は育たないだろうし、万が一、間違って政権を獲得しても悲惨な結果しかもたらさないでしょう。

私達に必要なのは「妥協する野党、与党の政策を微調整させることの出来る野党」です。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 既視感の予感 | トップページ | 誰も死んでないけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58739793

この記事へのトラックバック一覧です: 敗北する者達・私達に必要な野党とは:

« 既視感の予感 | トップページ | 誰も死んでないけど »