« 幻想 | トップページ | 景気回復が継続しますように »

2013年12月19日 (木)

個人の自由と知的障害者の幸福

個人の自由と知的障害者の幸福

NHK:http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2013/12/1217.html
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2013/12/1217.html

鈴木
性風俗産業に、いわば食い物にされるケースもあるのが、一見しただけでは分からない、軽度の知的障害がある女性たちです。

望まぬ形で風俗店で働き、金もうけに利用されたあげく、そこから抜け出すことも難しい実態が取材で明らかになってきました。」



アミさんの知的障害は、4段階のうち、最も軽度です。

日常会話はできますが、複雑な話を理解することが難しく、お金の計算や管理もうまくできません。



現在、知的障害者は全国に200万人以上いると考えられていますが、その大半は、見た目には分かりにくい軽度の障害です。

こうした女性たちが、アミさんのように、性風俗産業に狙われるケースは多いのではないか。

私たちは、東京で20年間、風俗店のスカウトマンをしている男性に接触しました。



風俗店スカウトマン
「人なつっこいというか、知的障害者の子は。
使いやすいというか、悪いことを言えば、だましやすい。

:


普通の女の子だったらいろいろ質問してきたりするけど、障害のある女の子たちは、文句を一切言わないから。

それが、いちばんの魅力ですね。」
:


阿部
そうした被害がある中で、何とか女性を救う手だてはないのでしょうか?

林原ディレクター
「本来、その役割が期待されるのが福祉制度になるのですが、こちらをご覧ください。
現在は、日常生活に困難を抱える“最重度”から“中度”の知的障害者を中心に、支援が行われています。
大半を占める軽度の障害者にまで、目が行き届いていないというのが実情です。
そしてもう1つ、私たちの意識の問題もあると思います。
一見、障害が分かりづらいだけに、表面的な行動だけをとらえて、『だらしがない女性だ』とか、『困った女性だ』などと見てしまいがちです。
しかしその陰に、障害につけ込まれた被害や搾取が隠れていることが多いことを、今回強く感じました。
こうした女性たちをどうやって救い出すのかが、今後の行政や地域社会の大きな課題だと思います。」

こういうニュースを目にすると、どうしようもない気分になる。人間の限界を感じるというか。

  *        *        *

悪い言葉で言ってしまえば「個人の自由を重視する社会では『バカは救いようがない』」。特に中途半端なバカを救うのは難しい。

身内に「認知症」の、つまり判断能力の低下した老人、成年後見人をつけるほどでもなく、身体はそれなりに健康で、しかし判断能力がおかしくて、経済的なトラブル(不要なものをいっぱい買うとか)を起こす、犯罪的な事(例えば、所有権の認識が弱くなって、自分の物と思って他人の物を持ち出すようなこと)をしてしまう。そういう人間をどうすれば助けられるだろうか。

本格的にボケてしまえば、強制的に成年後見人をつけることもできる。しかし、そこそこ判断能力がある場合が問題だ。

周囲の人間としては、自分が傷つかないように防御することは出来る。しかし、中途半端にボケた人間が自分自身の不利益になるような事をすることを防ぐことは難しい。

  *        *        *

軽度のボケで、強制的に成人後見人をつけて、当人の権利を奪うことが許されるなら、行動を制限することを許されるなら、当人が自分を傷つけたり騙されたりすることを防げるだろう。しかし、軽度のボケで権利を奪うことは「個人の自由」という考え方からはできない。

  *        *        *

個人の自由を重視すれば、軽度のボケ、軽度の知的障害の人々が周囲にいいように利用されて搾取されるのを防ぐことは不可能だ。

  *        *        *

一番悪いのは、そういった人間を食い物にする人間なのだけれど、悪人が世の中からいなくなることはない。

  *        *        *

個人の自由と知的障害の人の幸福、こういった事を考えると、人間の限界というか、世界の矛盾を感じてしまって鬱々となってしまう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 幻想 | トップページ | 景気回復が継続しますように »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58781210

この記事へのトラックバック一覧です: 個人の自由と知的障害者の幸福:

« 幻想 | トップページ | 景気回復が継続しますように »