« 猪瀬さんをダメと思う理由、早めの辞任を | トップページ | 失笑2 »

2013年12月17日 (火)

失笑

失笑

東京新聞:衆院選1年 原発ゼロ 自民に動き
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013121702000114.html

自民党が政権復帰した衆院選から十六日で一年。東京電力福島第一原発事故後、初の国政選挙だったが、脱原発勢力は乱立の結果、ほぼ半減した。ただ、「原発ゼロ」に対する国民の支持は多く、小泉純一郎元首相が安倍政権に原発を維持するエネルギー政策の転換を繰り返し迫る中、脱原発勢力は自民党内にもじわりと拡大。「原発ゼロ」が野党再編の旗印になる可能性も出てきた。 

衆院選では、民主党を離党した小沢一郎氏が率いる「国民の生活が第一」と嘉田由紀子滋賀県知事が合流し、日本未来の党を結成。「卒原発」を掲げて各党との選挙協力を模索したが、不調に終わった。衆院選前に衆参両院で二百人近くいた原発ゼロ勢力は百十人ほどに減った。

「原発ゼロ」でまとまったら負け決定です。

マスコミや有識者などには原発は不安だと言い募る方もいらっしゃいますが、民衆は原発の危険性はさほどでもないと思い始めていると思います。表面化するのには時間がかかるかもしれませんが。

だって、原発事故で漏洩した放射能では誰も死んでいないんですよ。健康被害も出ていないんですよ。年に1人のガン死が増えるかどうかも判らないレベルなんですよ。

  *        *       *

脱原発は、マスコミで騒がれていますし、運動家は熱心に活動しますから、見た目は派手ですけれど、騒がれているほどには票にならない、と私は思います。

脱原発を軸に政党が集合したら、その政党は惨敗するでしょう。人々にとっては、誰も死んでいない放射能漏洩よりも、10万年後の放射性廃棄物よりも、今日の仕事・明日の御飯の方が大切なのですから。

  *        *       *

脱原発で野党勢力を結集して政局に影響を与えるレベルの勢力を作るというのは失笑レベルの現実性しかありません。

でも、私は、原発ゼロを野党再編の旗印にしていただくのには賛成です。だって、投票先として検討に値しない方々が明確に判るのですから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 猪瀬さんをダメと思う理由、早めの辞任を | トップページ | 失笑2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58773860

この記事へのトラックバック一覧です: 失笑:

« 猪瀬さんをダメと思う理由、早めの辞任を | トップページ | 失笑2 »