« 野党は? | トップページ | 政治家ではなく宗教家・思想家の仕事では »

2014年1月29日 (水)

「派遣=悪」ではない

「派遣=悪」ではない

朝日新聞:「生涯ハケン」拡大も 働き手は不安の声 派遣法見直し
http://www.asahi.com/articles/ASG1Y4R1CG1YULFA00Q.html

厚生労働省の審議会が29日、労働者派遣法を見直す最終報告をまとめた。企業が3年ごとに働き手を代えれば、どんな仕事もずっと派遣労働者に任せられるようにすることが柱だ。「生涯ハケン」を増やしかねない見直しに、働き手からは不安の声が上がる。

派遣=悪、ではない。

「生涯ハケン」で、結婚・子育てエトセトラ、そういった事が(安心して?)出来ないのが悪なのだ。

  *        *        *

自分は、派遣も契約社員も経験がある。いまだって正社員だが中小企業で会社ごと吹っ飛ぶ可能性がないわけではない。

ようするに、万全の安定雇用とは言えない。

  *        *        *

自分自身は好きな事を仕事にして暮らしているのだから、ま、ダメになったらダメになったと諦めのような覚悟はある。けれど、自分の子供については諦めることも覚悟を決めることは出来ていない。自分が失業して子供の学費を払えなくなった場合の覚悟は出来ていない。

  *        *        *

子供が欲しい、子供を作ると思った時、これは20年プロジェクトにサインアップするのだなと思った。仕事を受けるとき、その仕事の最後まで(自分の担当分が終わるまで)付き合う(責任を持つ・逃げない)という約束をする。子供を作るということは、子供があるていど成長するまで付き合う(逃げないで頑張る)という決意をすることだ。その期間は20年以上。

  *        *        *

不安定な雇用であれば、子供を作るという決断は出来にくいだろう。しかし、考えて欲しい。20年もの長さに渡って安定な雇用がどれだけあるだろうか。

公務員、大企業だって10年20年後にはどうなっているか判らない。

どんな立場・地位だって絶対の安心はない。

  *        *        *

問題は、個々人が覚悟を決めること。絶対の安定なんてないけれど、頑張るという決意をすること。そして、社会や行政が出来ることは、社会や行政の問題は、「生涯ハケン」である人間でも家庭を持て子育てが出来るような状況を作ることだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 野党は? | トップページ | 政治家ではなく宗教家・思想家の仕事では »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59034266

この記事へのトラックバック一覧です: 「派遣=悪」ではない:

« 野党は? | トップページ | 政治家ではなく宗教家・思想家の仕事では »