« 嘘と虚勢はムカつく | トップページ | 危険な発言 »

2014年1月25日 (土)

脱原発の為に東京都が出来ることは?

脱原発の為に東京都が出来ることは?

朝日新聞:(もんじゅ君のエネルギーさんぽ)脱原発が争点に?
http://www.asahi.com/articles/ASG1R5758G1RUCVL01C.html?iref=comtop_list_cul_n03

ところでほんとうに、脱原発っていうのは都知事選のテーマにはなるべきじゃないのかな。ほかの県の首長さんは、都知事選のことをどんなふうに見ているんだろう?

たとえば秋田県の佐竹知事さんは「『脱原発』といってもよくわからない」などと、批判するいっぽうで「東京都はエネルギーを外に頼って都市として大きくなった。かなりの地方の犠牲のうえになりたっている」と、原発問題がけっして都政と無関係ではないことを指摘しているんだ。たしかに、福島第一原発だって東京電力のもので、はるばる関東へと電気を送るために福島で発電していたわけで、密接なかかわりがあるんだよね。

電力の大消費地である東京都が原発と無縁ではいられない、という事には同意する。じゃあ、大消費地である東京が脱原発を望むとき何が出来るだろうか。

それは省エネであり節電だろう。

  *        *        *

省エネや節電は、地道すぎて選挙の公約としては、インパクトに欠ける。しかし、東京が原発○○基分の節電をするから原発を再稼働するな、というのは筋が通っているし、実際に電力事情に影響を与えることが出来るのは、これぐらいしかないのではないか。

  *        *        *

脱原発を(性急に)求めるのであれば、東京は電気の使用や流通に税金をかけて消費を抑制し、得られた財源で火力発電所を建設するべきだ。つまり電気料金の上昇であり大気汚染の拡大を受容するということだ。

  *        *        *

政治が決断すれば何でも出来る、というのは単なる精神論にすぎない。精神・気持ちは大事だけれど、それだけで解決するなんてことはない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 嘘と虚勢はムカつく | トップページ | 危険な発言 »

コメント

2時間
「イメージではなく政策で選ぶべきだ」とか言ってる人たちは、イメージより政策の方がずっと絵空事である現実についてどう考えているのだろうか。

投稿: 小田嶋隆 ‏@tako_ashi | 2014年1月25日 (土) 11時31分

東京都知事選なんて他の道府県には関係ないのですが、「脱原発で日本を変える」なんて言われたら関西人も黙って居れません。

他道府県の者からしてみたら、東京都民だけで勝手に日本の方針を決めるなとなります。

真っ当な都民なら「俺たちだけで日本の方針を決めるわけにはいかない」と感じているでしょう。

東京が脱原発を目指し電力消費を減らし且つ日本経済を失速させないようにするなら一つ方法があります。

首都を返上する事ですね。

新たな首都に人口が流入し、経済が発展。

東京は人口が流出し、一地方都市になる。

東京都は東京府になり、23区は東京市になる。

それで良いのではないでしょうか。

別に霞ヶ関全体を移転しなくても、まずは皇居を移す事だけで良いのだと思います。

京都府民は天皇陛下が行幸からお帰りになる日を待っていますし皇族の皆様にとっても京都に移られる方が良いのではないでしょうか。

投稿: | 2014年1月25日 (土) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59004741

この記事へのトラックバック一覧です: 脱原発の為に東京都が出来ることは?:

» おい、木崎! [日本の狂った反日スポーツライターたち]
↓のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 橋下徹はコリア系アナーキスト大 [続きを読む]

受信: 2014年1月26日 (日) 13時27分

« 嘘と虚勢はムカつく | トップページ | 危険な発言 »