« 代理出産を招かないか? | トップページ | 死者ゼロの大事故 »

2014年1月 6日 (月)

最初に上がる賃金は

最初に上がる賃金は

沖縄タイムス:社説[消費税増税]格差の拡大を懸念する
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=60104

安倍政権の経済政策「アベノミクス」は、円安や株価上昇を呼び込み、景気回復への一定の道筋を付けた。一方、つましく暮らしている多くの庶民にとって、その恩恵を実感できないまま、試練の年が幕を開けた。

朝日新聞:大都市の飲食業、時給上昇 人手不足で時給1200円も
http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312210013.html

大都市圏の飲食業界で働くアルバイトやパートの時給が、求人業界の統計で上がり続けている。景気が回復し、人手不足の影響が最初に表れているのが背景とみられる。ただ、厚生労働省の統計では、全国でパートで働く人の1人当たりの平均月収は減少傾向が続く。パートで働く人たち全体に恩恵が広がっているわけではない。

求人情報大手リクルートジョブズが20日まとめた飲食業界の11月の平均募集時給は、3大都市圏平均で前年同月より1・3%高い930円。25カ月連続で前年を上回り、2007年1月の調査開始以来、最も高い水準になった。

景気回復と言うか人手不足になって最初に上がるのはアルバイトや契約社員の賃金です。アベノミクスで景気回復し労働需要が上昇すれば、ますます、アルバイトの時給は上がるでしょう。

  *        *        *

沖縄タイムスの言う「つましく暮らしている多くの庶民」がどのような方を指すのかわかりませんけれど、アルバイトの時給が上がっていること、人手不足になって最初に上がるのはアルバイトや契約社員の賃金であることは憶えておくべきです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 代理出産を招かないか? | トップページ | 死者ゼロの大事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58896802

この記事へのトラックバック一覧です: 最初に上がる賃金は:

« 代理出産を招かないか? | トップページ | 死者ゼロの大事故 »