« 優れた政治家(や統治者)の条件は清潔な事ではない | トップページ | 冷やかに »

2014年1月11日 (土)

南シナ海ではどうなる

南シナ海ではどうなる

日本経済新聞:フィリピン、南シナ海操業規制で中国に説明要求
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1003I_Q4A110C1FF1000/

中国海南省が南シナ海で外国漁船に対する規制を強化したことを受け、フィリピン外務省は10日、中国側に速やかな説明を求めたと発表した。新たな規制は外国船が漁をする場合に中国の許可を必要とするなどの内容で、比外務省は「海域の緊張を高め、平和と安定を脅かす」と強い懸念を表明した。今回の中国の動きは、防空識別圏(ADIZ)の設定に続いて、周辺国・地域とのあつれきを一段と強めそうだ。

NHK:米の条例批判に中国が不満表明
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140110/k10014419341000.html

これに対し、中国外務省の華春瑩報道官は、10日の記者会見で、海南省の条例の新たな規定は1986年に制定された法律の内容と一致していると指摘し、「中国の関連の法令に問題があるのではなく、それを読み解く者の心理に問題が生じたのだ」と反論しました。

東シナ海の防空識別圏設定は、実効性が全くありません。今回の南シナ海ではどうなるのでしょうか。

  *        *        *

防空識別圏の場合は、飛行機は「通るだけ」ですから、実害はありません。しかし、今回の南シナ海の問題では漁業がからみますから、実利・実害が発生します。一歩間違えれば人命にも影響します。

東シナ海の防空識別圏よりもはるかに危険だと思います。

  *        *        *

一方で、中国は「海南省の条例の新たな規定は1986年に制定された法律の内容と一致している」としていますから、現状と変わらないのかもしれません。

  *        *        *

東シナ海の防空識別圏もそうですけれど、法律を決めておいて施行しないのは危険だと思います。中国はいつでも行動できる(国内的な)法的根拠があるので、自分の国力が不足している時には施行しないで、状況が自分に有利になったり国内の政治的な都合で施行して拿捕するといったことになってしまいますから。

これでは、ますます中国は安心できない国になってゆくでしょう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 優れた政治家(や統治者)の条件は清潔な事ではない | トップページ | 冷やかに »

コメント

芸能プロ役員から脅迫被害を受けていた
ミス世界一吉松育美さんが、署名活動を開始しました。
『STALKER ZERO~被害者が守られる社会へ~』
https://www.change.org/stalkerzero

投稿: 『STALKER ZERO~被害者が守られる社会へ~』 | 2014年1月11日 (土) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58922040

この記事へのトラックバック一覧です: 南シナ海ではどうなる:

« 優れた政治家(や統治者)の条件は清潔な事ではない | トップページ | 冷やかに »