« 絶対はありえないよねぇ | トップページ | 「死の商人」は必ず「紛争を助長」するのか? »

2014年2月24日 (月)

脱原発は票にならない。再確認。

脱原発は票にならない。再確認。

朝日新聞:原発政策、語らず圧勝 山口知事選当選の村岡氏
http://www.asahi.com/articles/ASG2M363DG2MTZNB002.html

23日に投開票された山口県知事選は、自民党が擁立した無所属新顔の元総務省職員村岡嗣政(つぐまさ)氏(41)=自民、公明推薦=が他の2候補に圧勝した。県東部の上関町では、中国電力の上関原発建設計画があるが、村岡氏は、賛否を含め自身の原発政策については触れず、争点化を避ける姿勢を貫いた。

NHK:山口県知事選 自公推薦の村岡氏が初当選
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140223/k10015468041000.html

高邑氏と藤井氏は、中国電力が進めている上関町の原子力発電所の建設計画への反対などを訴えましたが、及びませんでした。

脱原発や原発政策を語らない候補が当選しています。と言うか、脱原発を訴える候補が落選しています。さて何故でしょうか。原発についての世論調査をすると、脱原発への支持は高いのにもかかわらず、です。

  *        *        *

朝日新聞の記事からは、脱原発派の悔しさが伝わって来るようですが、「原発政策、語らず圧勝」しということは、有権者にとって重要な問題ではないか、あるいは、タテマエとしては脱原発なんだけど本音としては、しょうがないかなぁと認めていると言うことでしょう。

  *        *        *

脱原発を訴える方々は、この現実を見据える必要があります。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 絶対はありえないよねぇ | トップページ | 「死の商人」は必ず「紛争を助長」するのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59192967

この記事へのトラックバック一覧です: 脱原発は票にならない。再確認。:

« 絶対はありえないよねぇ | トップページ | 「死の商人」は必ず「紛争を助長」するのか? »