« 年齢差別? | トップページ | 原発再稼働容認78% »

2014年2月11日 (火)

若者は未来を

若者は未来を

朝日新聞:「田母神さんの票、思っていた以上」社民・吉田氏
http://www.asahi.com/articles/ASG2B6DGFG2BUTFK12G.html

20、30代の若い方々が田母神俊雄さんに投票している。ネットでも呼びかけている。かなり安倍晋三首相に考え方が近く、日本の右傾化、ナショナリズムの台頭を象徴しているのではないか。大変怖い気がする。ある意味で安倍政権の今の高い支持率と通じているところがある。

田母神さんの票は私たちが思っていた以上に出た。それは去年の参院選、一昨年の衆院選で自民党や改憲を志向する野党に支持がいっていることと通じる点があると思う。これから警戒をする必要があると思います。(

今回の都知事選挙での主要4候補で、一番若者向けだったのが田母神さんだったのだから、「20、30代の若い方々が田母神俊雄さんに投票している」のは当然ではないかな。

  *        *       *

宇都宮さんは福祉・年金やサラ金問題・ブラック企業問題、それから脱原発などを訴えたけれども、若者に明るい未来を見せるというより過去の問題や年金生活者に向かって訴えていたのではないか。歴史認識問題にしても後ろ向きのテーマ。昔を、どう解釈するかを問題にしているのだから。

舛添さんも、若者に夢を見せるというより、お年寄りの票を手堅く固めることを優先しているように見えた。

細川さんは論外。即時脱原発、方法は自分以外の誰かに考えてもらう、考えてもらう方法も考えていないんだから。

  *        *       *

それに対して、田母神さんは、未来の夢を見せようとしていたように思えた。

若者が未来を見せようとした候補に投票するのは当然ではないだろうか。

  *        *       *

田母神さんが、他の世代よりも、若者に人気があるのは、未来を見せようとしているからで、「日本の右傾化、ナショナリズムの台頭」といった問題ではない。既存の左翼や保守政党が(人数も多く、投票率の高い)年寄向けに話しているという事の結果、あるいは、時代に置いていかれて(結果的に)年寄りしか共感できない政党になっていることの結果なのだ。

  *        *       *

私は若者と言える年齢ではないが、若者に未来の夢を見せる政治家や政党に投票したいと思う。社民党は、日本の右傾化を憂うのも良いけれど、自分たちが年寄向きの政党になってしまっていること、若者にそっぽを向かれていることをなんとかした方が良い。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 年齢差別? | トップページ | 原発再稼働容認78% »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59110276

この記事へのトラックバック一覧です: 若者は未来を:

« 年齢差別? | トップページ | 原発再稼働容認78% »