« 年金減少は自業自得 | トップページ | 偏見が減ったから詐欺が増えた? »

2014年2月13日 (木)

避難しなかったらどうなった

避難しなかったらどうなった

しんぶん赤旗:原発避難 救うべき命 除外するな 笠井 計画は策定不能 石原担当相 問題あるのは事実
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-02-13/2014021302_01_1.html

笠井 福島原発事故の避難で、双葉病院(福島県大熊町)で40人の命が奪われた痛苦の教訓こそ生かさなければならない。要援護者を除外し、最初から救うべき命を対象にせず、策定済みなどという。このことをどう思うのか。

医師や看護師が避難しなかったとしたら、被爆して死者が出たのだろうか。私にはそうは思えない。

原発事故に関連して死者が出たことは事実であるけれども、過剰な避難・避難の混乱や恐怖によるストレスでの死者であって漏洩した放射能では死者は出ていない。その事実をみるにつけ、過剰な避難の害を無視してはならないのではないかと思う。

  *        *       *

絶対に安全じゃないと嫌だいう気持ちは判る。けれども貧乏人の私には、現場で働く人間としては、リスクと利益を天秤にかけて生活している。絶対に安全じゃないと嫌だというの金持ちの我侭のように思えてしまうのだ。

共産党が貧乏人の味方であるなら、リスクをとらざるを得ない立場の人間の気持ちも判ってほしいと思う。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 年金減少は自業自得 | トップページ | 偏見が減ったから詐欺が増えた? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59126332

この記事へのトラックバック一覧です: 避難しなかったらどうなった:

« 年金減少は自業自得 | トップページ | 偏見が減ったから詐欺が増えた? »