« 反原発は票にならない | トップページ | 韓国は日本を知っているか? »

2014年2月17日 (月)

象徴としてのしての・勝負は

象徴としてのしての・勝負は

ガジェット通信:安倍首相天ぷら会食批判の元衆議院議員・三宅雪子 ネットでは「じゃあ何を食べれば納得するんだよ」の声
http://getnews.jp/archives/516717

元衆議院議員の三宅雪子さんが『Twitter』にて、山梨県が緊急事態なのに安倍首相が高級天ぷらを食べていることについて批判している。その内容は次のようなものである。

“天ぷら。天○だったらまだしも、よりによって東京一高い(のでは)と言われる「楽亭」。あーあ、という感じ。何も口にできず、寒い中耐えている方々がいるというのに。せめて、会合場所を公邸にできなかったのか。”

と某カツカレー事件を思い出させる。しかしこのツイートへの反応は大きく2つの意見にわかれている。赤坂の『楽亭』で食事をしていることを批判する人や「災害対策指揮命令をやってから食べて欲しい」という声、そしてそれに相対するかのように「安倍ちゃんは何を食べれば納得するんや」「あんたは何も喰ってないんだよね?」「何食ってようが叩くんだから関係ない」「災害対応の専門部署がちゃんと動いていれば問題ない」という声。

そもそも批判の内容が、「高級だから」なのか「食事をしているから」なのかが不明である。仮に高級だからだとしたら幾らまでがOKでいくらからがアウトなのか示してほしいものだ。現地に行けとまで言わないが、災害対策をしていれば総理もこうした批判は挙がらなかっただろう。

みっつばかり思ったことを書く。

ひとつめ、勝負は試合の始まる前に決まっているとうこと。

「現地に行けとまで言わないが、災害対策をしていれば総理もこうした批判は挙がらなかっただろう」

災害対策や防災は、災害が始まる前というか起きる前にするべきことをしているかどうかで決まる。つまり、首相が大活躍するとかしないとかと言った問題ではなく、除雪する人員や除雪用の機材や予算が十分にあるかどうかが問題であって、災害が起きた時に、たまたまリーダーだった人間に出来ることは邪魔しないことぐらいだ。

  *        *        *

ふたつめ、今回の大雪では首相の出番はなかったと思う。地方自治体で対処すべきするべきレベルの問題です。自衛隊への出動要請も知事の仕事ですしね。

  *        *        *

みっつめ、リーダには実務と同時に象徴としての役目がある。実務の側面から言えば、首相は天ぷらを食っていようが昼寝をしてようがどうでもよくて、予算と装備があり権限が現場に権限が移譲されていることが大事なのだ。しかし、象徴としては「がんばっている」「行動している」あるいは「心を痛めている」というイメージが大切なのだ。

  *        *        *

「現地に行けとまで言わないが、災害対策をしていれば総理もこうした批判は挙がらなかっただろう」

これは広報活動が不十分であった、あるいは国民が(あるいは情報の受け手が)、イメージを求めていて現実を良く判っていないということだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 反原発は票にならない | トップページ | 韓国は日本を知っているか? »

コメント

天ぷらを食べていたことを批難することを批難する人が育っていること、とても世の中、真っ当になってきたなというのが、感想。
なんために担当があるか理解していない人は、組織で働いたことがないことを自ら白状している、原形のイタイ。
白状していることに、気づかないことは、比較級のもっとイタイ。
イタイことをネットで告白するのは、最上級のイタイ。

投稿: a | 2014年2月17日 (月) 23時03分

>天ぷらを食べていたことを批難することを批難する人が育っていること

子供の時、よく言われました。
やることやってから、遊べ。
やることをやっていれば、遊んでも批難しないのが、日本。
安倍総理の活躍ぶりをみれば、もう少し休んで体を大事にして欲しいと思う今日この頃。
やることをやっていなかったら、やっぱり批難されたんじゃないかな。

投稿: a | 2014年2月21日 (金) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59153813

この記事へのトラックバック一覧です: 象徴としてのしての・勝負は:

« 反原発は票にならない | トップページ | 韓国は日本を知っているか? »