« 大雪・熱い応援 | トップページ | 在日米軍による負担軽減 »

2014年2月 7日 (金)

無能

無能

河北新報:「全身全霊」虚構だったのか 佐村河内さんを取材した者として
http://www.kahoku.co.jp/news/2014/02/20140207t13041.htm

東日本大震災の犠牲者にささげるレクイエムを作ったという佐村河内守さんを取材し、昨年2月末に河北新報の社会面で記事にした。

メールで彼と何度も交わしたやりとりは、真剣勝負だったと信じていた。楽曲を別人が作っていたことが分かり、記者としても、一人の人間としても衝撃を受けている。

無能

そのときは取材に至らず、昨年2月にやっと実現した。彼は「被災地の闇を背負い作曲に生かすために被災地に通い詰めた」と訴え、私は疑いもしなかった。

被災地支援の美名の陰に、不純な思惑は潜んではいないか。今回の問題は、そうした問い掛けをも、私たちに突き付けているのかもしれない。

一般人である私がマスコミに期待しているのは「信頼性」です。マスコミの一員として「取材した者として」は、嘘を見抜けなかったことを、その理由を追求するべきでしょう。

  *        *        *

だまされた、で怒って済むのは一般人だけです。特に真実を追求するべき報道関係者は「なぜ」と「どうしたら防げる」「防げないなら記事にどのように(騙されているかもしれない可能性を)反映させるか」を追求するべきで、その事を期待しています。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 大雪・熱い応援 | トップページ | 在日米軍による負担軽減 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59088613

この記事へのトラックバック一覧です: 無能:

« 大雪・熱い応援 | トップページ | 在日米軍による負担軽減 »