« 進歩するために | トップページ | フィリピンは頼りないからなぁ »

2014年2月 6日 (木)

脱原発派や護憲派は何故支持されないのだろうか

脱原発派や護憲派は何故支持されないのだろうか

東京新聞:都知事選世論調査 脱原発票割れる 舛添・細川・宇都宮氏に
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014020602000121.html

調査では、政府が「安全が確認された」とする原発を再稼働することの是非を聞いた。再稼働反対が53・3%で、賛成は39・6%。また、投票先を選ぶ際に、原発政策を「大いに重視する」は18・4%だが、「ある程度重視する」を合わせると六割を超えた。

しかし、再稼働反対派の投票先は、安倍政権の原発政策に沿う舛添氏と、原発即時ゼロを訴える細川氏と宇都宮氏に三分した。逆に「賛成」の半数以上は舛添氏に集中。主な候補で唯一、原発推進を訴える元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏(65)を引き離していた。

集団的自衛権に賛成か反対かと聞くと反対が多いけど、集団的自衛権行使へ向かう安倍政権への支持率は高い。脱原発に賛成かどうか聞くと賛成が多いけれど、原発再稼働に進む安倍政権への支持率は高い。

なんで、こんな安倍政権の方向性に反対が多いのに、安倍政権への支持率はなぜ高いのだろうか。

民衆がバカなのだろうか、それとも集団的自衛権よりも脱原発よりも大事なものがあると言うことだろうか。それとも、脱原発派や護憲派は、こういった主義主張をふっとばすほど嫌われているのだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 進歩するために | トップページ | フィリピンは頼りないからなぁ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59083389

この記事へのトラックバック一覧です: 脱原発派や護憲派は何故支持されないのだろうか:

« 進歩するために | トップページ | フィリピンは頼りないからなぁ »