« 田母神さんはの得票数は | トップページ | 脱原発派や護憲派は何故支持されないのだろうか »

2014年2月 6日 (木)

進歩するために

 進歩するために

時事通信:秘密法報道に不満爆発=安倍首相「3年後に検証を」-参院予算委
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2014020500843

自民党の脇雅史氏の質問に対し、首相は「飛んでいく(米海兵隊の新型輸送機)オスプレイを写メールで撮り、友人に送ったら懲役5年という議論もあった」と指摘。「実際に誰かやって、そうなるか確かめてみたらいい。全くそんなことは起きない。言った人は責任を取っていただきたい」と不満を爆発させた。

不満を爆発、はともかくとして、秘密保護法についての発言のなかで、「オスプレイを写メールで撮り、友人に送ったら懲役5年」とか映画がとれなくなるとか、有名人・文化人のなかからもこういった発言があったことは事実で検証しなければならないということにも賛成する。

  *        *        *

3年、5年、10年後、責任を取らせるかどうかは別にして、彼らの言葉が真実だったのか、予想は的中したのかを検証しなければなりません。

間違っていたら、彼らは間違えたということを憶えておけば良いのです。そして、この人はこういった間違いをしたと憶えておけば良いのです。そして彼らの言葉を、信用度を低くして聞けば良いのです。

  *        *        *

テレビアニメの中なら、何度でも同じ間違いを繰り返してもギャグで済むでしょう。けれども現実世界であれば、同じ間違いを何度もしてはなりません。前に進むために間違いは間違いと認識しないといけません。

  *        *        *

時間が真実をあらわす、時間が検証するという意味では原発事故も同じです。

原発事故、事故直後の恐怖は本物でしたが、予想は、特に恐怖を煽った言説は間違いであることが3年たって証明されつつあります。

だから反原発派は広がらないのです。

  *        *        *

政府に対してマスコミ(というか政府を批判する有識者)は検証を求めます。過去の発言を取り上げて、あの時、ああ言ったじゃないかと攻め立てます。しかし、自分たちが言ったことの検証は行いません(行っているようには見えません)。「オスプレイを写メールで撮り、友人に送ったら懲役5年」についても放置するでしょう。

しかし、それが彼らの敗因なのです。自分たちの間違いを検証せずに同じ失敗を繰り返しているのですから。

  *        *        *

時々、過去を振り返ってみることは、間違いを減らすのに役立ちます(感情的にならないように。「反省」しすぎると鬱になるから)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 田母神さんはの得票数は | トップページ | 脱原発派や護憲派は何故支持されないのだろうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59079985

この記事へのトラックバック一覧です: 進歩するために:

« 田母神さんはの得票数は | トップページ | 脱原発派や護憲派は何故支持されないのだろうか »