« 原発動かして、当面の金を節約して | トップページ | テロには騒ぎ過ぎないことも重要 »

2014年2月28日 (金)

封印するしかない

封印するしかない

ロイター:アングル:中国が「反日宣伝」を強化、習主席訪独で第2次大戦に焦点か
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA1O04F20140225?sp=true

中国の史明徳駐独大使は、前月の独紙とのインタビューで、ナチスを引き合いに出し、安倍首相の靖国参拝を批判。ヒットラーの墓に献花するようなものだと例えた。

ただ、ドイツにとって、こうして引き合いに出されることは心地よいものではない。

外交筋の1人は、国防省実務対話に言及し「ドイツ側はこうしたことにかなり不快感を抱いている。中国が常に日本とドイツを比較して戦争に触れるのを彼らは嫌がっている」と話した。

そりゃ、「あんたは、昔、悪いことしたけれど、反省していてエライ」って言われたら、気分良くないよ。それも、そのことについては、全くの無関係の人間に言われたらねぇ。

NewSphere:ドイツが中国にうんざり? 日本批判にナチスを利用する手法に不快感
http://newsphere.jp/world-report/20140227-2/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=20140227-2

米QUARTZは、ヨーロッパにおける戦後の和解とユーロ圏の構築は、“戦争について触れない”という徹底した主義の上に成り立っている、と指摘する。ヨーロッパでは政治家がナチスドイツの横行や、残忍な虐殺について触れることはないという。いまやドイツは誰もが認める経済大国であり、重要なのは過去ではなく未来であると結論づけた。

人間、色々あるものです。全てについて品行方正な人間なんていないし、全ての出来事について同意(同じ解釈)をしている人間関係もないでしょう。でも、つきあわなくちゃならないなら、どうする?

封印するしかない。

   *       *        *

「従軍慰安婦」問題や南京事件や伊藤弘文の暗殺、通州事件、李承晩ライン。お互いに納得できない事は多々あるでしょう。しかし、納得できないから相手を屈服させようとしたら、もう一度戦争になってしまいます。

平和が欲しければ、納得できないけれど、抑圧して、いわないようにすることです。それが必要とされています。

   *       *        *

つまり、逆に言えば、中国や韓国は、もういちど日本と戦争するつもりだ(明確な意図はないとしても、その方向に向かっている)と言うことす。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 原発動かして、当面の金を節約して | トップページ | テロには騒ぎ過ぎないことも重要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59214656

この記事へのトラックバック一覧です: 封印するしかない:

« 原発動かして、当面の金を節約して | トップページ | テロには騒ぎ過ぎないことも重要 »