« 政治や思想の問題としないで | トップページ | 決定権は »

2014年2月23日 (日)

証拠は?

証拠は?

朝鮮日報:【社説】安倍政権下で形骸化進む「河野談話継承」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/02/22/2014022201099.html

1993年に日本政府による証言の収集に応じた16人の元慰安婦たちは、若い頃に性的にじゅうりんされたという自らの尊厳にかかわる問題についても、公開の席でその惨状について証言した。これらの証言が元となり、従軍慰安婦問題は世界的に広まっていった。数十年前のあいまいな記憶をたどっていると、やや不正確な部分が出てくるのもある意味当然のことだ。現在、日本国内の極右勢力は名前や生年月日など、証言内容の一部が不正確だという理由で、この問題の再調査と談話の破棄を求めている。これなどまさに(韓国の)ことわざに言う「手のひらで天をさえぎる(「さえぎろうとしてもさえぎることができない」の意)」行為に他ならない。

公的機関が行動した時には、記録を作成するものだ。多数の人間を強制的に慰安婦にしたなら大量の記録が作成される。それらの記録はどこへ行ったのだろうか。

敗戦時に破棄したとしても全てを破棄できるとは思えない。アメリカに押収されたりもしている。破棄することに使えた時間は長くない。どこかに残っているはずだ。しかし、発見できていない。

そして現在、そういった文書を探そうとしているようにも見えない。日本もだけど韓国もアメリカも。

  *           *          *

もし、警察が犯人を捕まえたけれど、証拠を提示することもなく、証拠を探すこともしなかったら、なんと言われるだろうか。何が起きるだろうか。

  *           *          *

他人を非難するなら、処罰を求めるなら、証拠が必要だ。私が真実を知っている、というだけでは処罰することは出来ない。

  *           *          *

証拠を探そうとしていない、と言うことがこの問題の嘘くささを示している。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 政治や思想の問題としないで | トップページ | 決定権は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59182411

この記事へのトラックバック一覧です: 証拠は?:

« 政治や思想の問題としないで | トップページ | 決定権は »