« 民主主義に必要なパーツ | トップページ | ウクライナ・クリミアを日本で例えると »

2014年3月 2日 (日)

国家は大切だ

国家は大切だ

中央日報:【噴水台】再び大韓民国には生まれたくないって?
http://japanese.joins.com/article/416/182416.html?servcode=100&sectcode=120

ソウル大言論情報学科イ・ジュンヌン教授はこれを「精神的亡命状態」と表現した。「身体はここにあるが、精神的にはどこの国でも関係ないというふうに生きること。機会が与えられるならばいくらでも祖国を離れる」という精神状態だ。「すでに国家は移動通信サービスのように好きなように脱退して新しく加入できるものになってしまった。前途有望で野心に満ちた若者は自分たちの未来をこの土地でない他の国に見ている。彼らの選択を問題にする訳にはいかないが、未来の英雄を放り出す国、亡命選手を応援する国民がこのように多い国は問題があるのでは」とも書いている。

そりゃ、才能がある奴、大金持ちの奴、特別な技術や技能を持っている奴なら「国家は移動通信サービスのように好きなように脱退して新しく加入できるもの」かもしれない。それは今と昔で大きく異なるとは思えない。そして、一般庶民にとっては、生まれ持った国籍から他の国籍に移ることは簡単な事ではないことも。

  *         *        *

そういえば、どこかで「庶民には愛国心を要求するけれど、金持ちに税金かけたら他の国へ逃げるという。金持ちには愛国心を要求しないのか?」と言うようなことを読んだことがある。

金持ちは、他国へ逃げることが出来るのですよ。庶民は逃げられない。

中国だって金持ちは海外へ逃げ出しているけれど、庶民はそうではない。

  *         *        *

踏みとどまって戦うとき、チーム(国家)に対する忠誠心が高い方が強く戦える。愛国心には価値がある。

  *         *        *

国家は簡単には移れない。少なくとも大多数にとっては。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 民主主義に必要なパーツ | トップページ | ウクライナ・クリミアを日本で例えると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59222161

この記事へのトラックバック一覧です: 国家は大切だ:

« 民主主義に必要なパーツ | トップページ | ウクライナ・クリミアを日本で例えると »