« 差別と民主国家 | トップページ | 決断が遅れた結果 »

2014年3月25日 (火)

ありそうな話

ありそうな話

ニコニコニュース:「すき家」相次ぐ閉店は「牛すき鍋定食導入で人員不足」のせい? 運営元のゼンショー「考えられない」
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1001131?news_ref=top_topics_topic

「すき家」相次ぐ閉店は「牛すき鍋定食導入で人員不足」のせい? 運営元のゼンショー「考えられない」

ネットのうわさでは、2月24日から投入された新商品「牛すき鍋定食」の提供に手間がかかって厨房を回せないなど忙しさに耐え切れず、従業員が店を大量に辞めて人手不足になっていると言われています。3月から店舗の一時閉店が続いているのはそのためだ、とも。



では実際の理由はどうなのでしょうか。ゼンショー広報部によると、一時的な閉店はリニューアルにともなう改装作業が基本で、人員不足はまったく別問題と考えているとのこと。リニューアルは3月から順次開始しており、2016年3月までの2年間で1985店舗中1000店舗を改装する予定。



2月下旬から多くの従業員が辞めているという書き込みに関しては、ここ十数年を見ても、2〜3月は生活環境の変化で辞める従業員が多いとの回答でした。

すき家としては、ほんとうであってとしてもアルバイトが大量に辞めていて営業に支障をきたしているとは言いづらいでしょう。でも、多数の改装作業を短期間で準備はできませんから、いま行われているリニューアルは2~3月の人手不足が理由とも思えません(慢性的な人手不足あって、それが理由というのはありそうですが)。

  *        *        *

外野の、本当の所は判らない人間の感想ですが、アルバイトが大量に辞めるというのはありそうな話ではります。いえ、これはすき家に限りません。

だって、アルバイトは短期間の契約です。雇う方は、仕事が減ったら簡単に解雇できるのです。で、あるならば雇われる方も、もっと良い場所があればとっとと転職しても不思議はありません。

  *        *        *

デフレや不況で仕事が足りないとき、アルバイトは安く使われてしまう。

好況になって人手不足が起きると、待遇がわるければ大量退職(≒転職)が起きて、場合によっては仕事が止まることだって起きるだろう。

  *        *        *

すき家は強盗に襲われることが他店舗よりも多い。深夜営業を一人でやらせるなどしているからだそうだ。これは、働く側の条件としては悪いということだ(強盗に入られやすい店で働きたい?)。だから、アルバイトの大量退職というのは、ありそうな話ではある。

しかし、これは、他の店、他の業種でも起きうることだ。

  *        *        *

経営側は、好況になって(まわりの会社は儲かっているのに)仕事が出来なくなるというリスクも考えておいた方が良いのではないか。

安定した労働力が欲しければ、働く者の待遇を良くする。長期契約をする(正社員化する)ことだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 差別と民主国家 | トップページ | 決断が遅れた結果 »

コメント

ユニクロでは、最近、これまでの非常勤を大々的に正社員にしたと言う話がありましたが、かの会社もブラック的要素が多いようでして、それを思うと、そうした措置は単にやくざの世界に一旦踏み込んだら、なかなかやめられないと言うような感覚でやっているのではないかと言う意図でもあるのではないでしょうか。

投稿: DUCE | 2014年3月25日 (火) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59351875

この記事へのトラックバック一覧です: ありそうな話:

« 差別と民主国家 | トップページ | 決断が遅れた結果 »