« 無邪気すぎる | トップページ | 科学の自浄作用 »

2014年3月13日 (木)

子育ても貢献

子育ても貢献

産経新聞:「子供産むのは国家への貢献」 公明指摘で自民代表質問から削除
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140313/stt14031300440001-n1.htm

自民党の二之湯智参院議員が12日の参院本会議で、「子供を産み、立派に育てることが国家に対する最大の貢献」としていた代表質問の内容を公明党の指摘を受け、事前に削除・修正していたことが分かった。

どういう文脈で「子供を産み、立派に育てることが国家に対する最大の貢献」と出すつもりだったのか判らないから何とも言いようがないけれど、子供を産むこと・子供を育てることは国家(あるいは社会、家族、その他もろもろの人間集団)にとって重要であることは間違いない。

  *        *        *

人口過剰に苦しむ国なら子供を産むことは国家(や社会)にとって負担だし、日本のように少子化に苦しんでいれば貢献になる。

  *        *        *

子供を産むことを強制してはならないが、子供を産むこと・子育ては、結果として、社会に役立つことは間違いではない。子供が産まれなければ、さまざまなものが継承できない。私達が何か良いものを持っていて、それを失いたくないならば、次の世代が必要なのだから。

  *        *        *

下世話な話をすれば、年金・医療・介護をどうするかという事がある。自分の稼ぎと貯金だけで(公的な年金なしに)、自分の老後をやっていけるという人は少ないだろうし、金があっても医療や介護の人手はどうしたって、若い人なしには成り立たない。

  *        *        *

しかし、「国家への貢献」という言葉を、そのままにして代表質問を行ったら、ちょっとした騒ぎになっただろうことは間違いない。

私達は、国家への貢献という事を嫌いすぎているのではないか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 無邪気すぎる | トップページ | 科学の自浄作用 »

コメント

ブログ主と同じく国家貢献は国民の義務であると思う 日本国に住ませて頂く上でこんな良い国世界中探しても無いよ

投稿: 薩摩の昔船乗り | 2014年3月13日 (木) 11時12分

子孫繁栄を願っちゃいけないの?
子を沢山産む=国家への貢献=徴兵って、ちょっと単純過ぎない?
野党は国家への貢献でなくて、国家から奪いとるに情熱だからね、問題視するのがお仕事ってか。

投稿: a | 2014年3月14日 (金) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59283662

この記事へのトラックバック一覧です: 子育ても貢献:

« 無邪気すぎる | トップページ | 科学の自浄作用 »