« 譲歩してでも、ですか? | トップページ | 普通の国・普通の民族紛争 »

2014年3月19日 (水)

ウクライナは国民をつくることに失敗したのではないか

ウクライナは国民をつくることに失敗したのではないか

読売新聞:露大統領、クリミア編入を表明「強い主権下に」
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140318-OYT1T00814.htm

ロシアのプーチン大統領は18日、クレムリンで上下両院議員を前に演説し、「クリミアは強く揺るぎないロシアの主権下になければならない」と述べ、ウクライナ南部クリミア自治共和国とセバストポリ特別市を編入すると発表した。

大統領はこの直後に自治共和国、特別市の代表と編入に関する条約に署名した。ウクライナの領土分割に踏み切ったロシアと米欧との厳しい対立は決定的となり、長期化は避けられなくなった。

もしもウクライナ国籍を持つ人間がウクライナ国民であることをロシア系とかタタール系やウクライナ系とかをの人間であることよりも大事に思っていたら、こんな事態にはならなかったでしょう。何故なら、もしそうであれば、クリミア半島での投票結果も異なっていたでしょうし、クリミア半島の(ロシア軍とも言われる)自警団に対してデモの一つもあったでしょう。

首都キエフでは親露政権に対して多数の死傷者を出すようなデモも起きています。もしもクリミアの人々がウクライナ国民として血統よりも国家を大事にするならば、キエフで起きたようなデモや衝突があって当然ではないかと思います。しかし、現実には衝突も暴動もデモも起きていません。

ロシアよりの政権とかってレベルを遥に越える事態なのに、平和なものでした。キエフの流血とは全く違いました。

キエフで親露政権に対してのデモをやった人々と、クリミアでロシアを受け入れた人々。この2つの人々を同じ国民とは思えません。

  *        *        *

国民国家は国民が自分たち自身で一つにまとまろうとしない維持できません。今回の動きを見ているかぎり、ウクライナはウクライナ国民を作ることに失敗したと思わざるを得ません。

民族や出自や思想や宗教よりも国家を優先しなければ、国民国家は崩壊してしまうのです。

  *        *        *

これは他人事ではありません。日本国籍を持ちながら(あるいは政治的権利を持ちながら)日本国民であることを自分の思想や宗教や出自よりも優先しない人間、国籍がある仲間をその出自や思想を理由にして差別する人間、こういった人間は国家を崩壊へと導く種類の人間です。

  *        *        *

左翼にも右翼にも、国家は(国民は)仲間であるという気持ちを持ってもらいたいと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 譲歩してでも、ですか? | トップページ | 普通の国・普通の民族紛争 »

コメント

左翼の人々での愛国心 聞いたこと有りますか

投稿: 薩摩の昔船乗り | 2014年3月20日 (木) 17時50分

帰化する前の母国への愛国心 聞いたこと有ります。
日本を乗っ取ろうと思ったら、帰化して母国へ有利な法律や政策を画策したら、できちゃうよ~。

投稿: a | 2014年3月21日 (金) 13時33分

米国のヌランド国務次官補はウクライナで50億ドルを扇動に使ったと公言、その手先はネオ・ナチ

アメリカの親イスラエル派、一般に「ネオコン」と呼ばれている勢力はウクライナでも体制を乗っ取ろうとしているわけだが、その手先として最前線で活動中のビクトリア・ヌランド国務次官補は昨年12月13日、工作資金として50億ドルを投入していることを明らかにしている。ウクライナの体制を転覆させるために50億ドル、ざっと5000億円を使っていると公言しているのだ。

 ジョン・マケイン上院議員と同じように、ヌランドはウクライナで公然と反ロシア勢力を支援してきた。こうした工作の担当として国務次官補に任命されたとも言える。何しろ彼女が結婚した相手はネオコンの大物、ロバート・ケーガンだ。

 このヌランドがジェオフリー・パイアット駐ウクライナ大使と電話で話し合っている内容が今月、YouTubeで明らかにされた。その中でヌランドの口から「EUなんかくそくらえ(F*ck the EU)」という下品な言葉が飛び出し、話題になったが、問題は別のところにある。ウクライナの閣僚をどうするか検討していたのだ。

http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201402160000/

投稿: 衝撃事実! | 2014年3月22日 (土) 13時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59321414

この記事へのトラックバック一覧です: ウクライナは国民をつくることに失敗したのではないか:

« 譲歩してでも、ですか? | トップページ | 普通の国・普通の民族紛争 »