« 韓国の正しさを追求してゆけば | トップページ | 美人は得かという愚問 »

2014年3月31日 (月)

貧乏が悪いんや

貧乏が悪いんや

しんぶん赤旗:大学もブラック化 道内7大学で係争 札幌でシンポ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-03-30/2014033004_01_1.html

自身も不当に諭旨免職処分され、訴訟を起こした専修大学北海道短期大学前学長の寺本千名夫氏は「北海道で頻発する大学問題の背景と運動の方向性」と題して講演。寺本氏は、頻発する大学問題の背景には、国の文教予算の貧困さ、国立大学の法人化、私立学校法の改正などがあると強調し「大学問題を内部の問題とせず、市民と連携し、学問の自由、教授会の権限を奪う学校教育基本法の改悪に反対することや国・政府に教育に対する姿勢の転換を求めていくことが大事です」とのべました。

働く者の待遇をどう評価するか、良いか悪いかどう判断するか難しいけれど、言えることが一つある。それは、景気が悪く貧乏になると、待遇が悪くなる、悪くなっても転職先がないから我慢する。ブラック化しやすくなる。

景気が良くなると転職しやすくなるので、待遇の悪い場所から逃げ出すことも出来るようになる。どこまで本当かは判らないけれど、すき家のようなことも起きるようになる。

景気が良くなることが、最大の福祉政策であり、雇用対策であり、ブラック化を防ぐことでもある。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 韓国の正しさを追求してゆけば | トップページ | 美人は得かという愚問 »

コメント

なんだろうな、学生時代を東京で過ごすことには当然メリットも大きいけど、そこで「東京が世界の中心」って思い込んじゃうと、かえって世界は狭くなるぞって、今は思うわ。

投稿: koi | 2014年3月31日 (月) 15時24分

北条かやさんの「キャバ嬢の社会学」を読んだ。
対象に"入り込む・なりきる"研究報告の中では、サーカスの団員になるケースを読んだことがあるけど、キャバクラは初めてだった。"女"としての価値の認識とか、性を商品化することのリスクとか、薄々思っていたことが丁寧に書かれてて嬉しいし面白い。

投稿: book | 2014年3月31日 (月) 15時30分

agehaモデルを卒業した武藤静香さん(27)、今後はデザイナー業に専念するそうだが、最後のインタビューで「20代前半からの数年、周りは派手に遊んでたけど、私は遊ばずに自分のブランドを成長させるため頑張ってきた。色々我慢してきたご褒美に、億ション買った」と語ってた。

ギャル読モだった武藤静香さんが立ち上げたブランド「Rady」は、通販からスタートして、数年後には東急プラザの初日売上の新記録を達成、月商3億まで成長してる。彼女は超美人でお金の使い方も派手、性格も大雑把そうだから、「遊びや派手な付き合いを我慢してきた」って発言が意外で泣けた…

投稿: 女子 | 2014年3月31日 (月) 16時26分

ルックスや性格によって女性からモテないのではなく、年収600万に
近づかないと本人に結婚して家庭を築く自信と余裕が生まれない。

2014年3月31日 月曜日

http://blog.goo.ne.jp/2005tora

投稿: blog | 2014年3月31日 (月) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59385230

この記事へのトラックバック一覧です: 貧乏が悪いんや:

« 韓国の正しさを追求してゆけば | トップページ | 美人は得かという愚問 »