« 友軍に感謝 | トップページ | 軍事の論理ではどうなのか »

2014年4月 3日 (木)

危険神話崩壊へまたひとつ

危険神話崩壊へまたひとつ

朝日新聞:福島県民、がん増加確認できず 国連の原発事故報告
http://apital.asahi.com/article/news/2014040200002.html

東京電力福島第一原発事故の健康への影響を分析した国連科学委員会の報告書の全容がわかった。福島県民は全体的に、がんの増加は確認できないと評価した。原発30キロ圏内にいた当時の1歳児に限っては、甲状腺がんの増加が確認できる可能性はあるが、現在はデータが足りないために結論が出せないとした。報告書は2日に公表される。

原発事故で何万人も死ぬ・ガンになるといった危険神話がありました、というか今も信じている人はいるでしょう。しかし、いままで漏洩した放射能で死んだ人はいないし、ガンも増えない(1歳児にかぎっては結論が出てないようですが)。福島原発事故では、情報伝達の失敗(スピーディーによる予測を住民に伝えられなかった)ことから、汚染度の低い地域から高い地域へ逃げてしまった人もいるのにです。

原発事故で死ぬ可能性は極めて低いのです。放射能は不気味だとは思いますが実際の害は、あれだけの事故でも、死者ゼロなんです。

  *        *        *

事故から3年が経過しました。事故直後は自分も怖かったです。でも、現実に起きた事は、幸いにして、怖がっていたことからすれば、とても小さい被害ですみました。その事を思って、原発や再生可能エネルギーに対しての判断を行いたいと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 友軍に感謝 | トップページ | 軍事の論理ではどうなのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59400202

この記事へのトラックバック一覧です: 危険神話崩壊へまたひとつ:

« 友軍に感謝 | トップページ | 軍事の論理ではどうなのか »