« 人生は複雑ですし挑発じゃないですよ | トップページ | 多民族共生・右傾化・愛国心 »

2014年4月 7日 (月)

少数派に期待すること

少数派に期待すること

中日新聞 社説:民主主義のルールとは 週のはじめに考える
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2014040602000100.html

英国の元首相チャーチルは、次のようなウイットに富んだ演説をしたことがあります。

<民主主義は最悪の政治形態だ。これまでに試みられてきた民主主義以外のあらゆる政治形態を除けばだが…>

少数意見の尊重と検証のルールを怠ると、多数派は多数決を乱発し、独裁に走りかねません。

少数派の意見の尊重は民主主義にとって大事であることは論を待たない。多数派は少数派に意見を述べるチャンスを与えねばならないし、妥協できるところは妥協しなければならない。しかし、それに少数派が甘えてしまってはいけない。少数派の内輪にしか通用しない論だったり、(どうせ通らないからと)無責任だったり、邪魔するだけの時間稼ぎの議論だったりしてはいけない。

  *        *        *

秘密保護法の時、飛んでいるオスプレイをスマホでとって写メすると逮捕されるとか言われていたが、あれはどうなったんだろうか。

そんな意見を、もちろん少数意見だろうけれど、尊重する必要がどこまであるだろうか。

  *        *        *

民主主義には少数意見の尊重が必要だけれど、少数派にもまた、民主主義を守るために責任ある行動をとることが要求されている。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 人生は複雑ですし挑発じゃないですよ | トップページ | 多民族共生・右傾化・愛国心 »

コメント

少数意見の尊重と言うのは左翼の詭弁ですよ。左翼に騙されていますね。
本当は唯一人の意見も言わせるが正しいです。

少数意見を尊重したら多数決は成り立ちませんよ。

投稿: 八目山人 | 2014年4月 7日 (月) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59426489

この記事へのトラックバック一覧です: 少数派に期待すること:

« 人生は複雑ですし挑発じゃないですよ | トップページ | 多民族共生・右傾化・愛国心 »