« 美人は得かという愚問 | トップページ | 説教臭いのは嫌い »

2014年4月 1日 (火)

会談がないことをどう考えるか

会談がないことをどう考えるか

朝日新聞:米ロ外相、外交解決では一致 ウクライナ巡り会談
http://www.asahi.com/articles/ASG302SMRG30UHBI002.html

米国のケリー国務長官とロシアのラブロフ外相が30日、パリで会談し、緊迫するウクライナ情勢について、外交的手段で解決を目指すことで一致した。しかし具体策は決まらず、再び協議することで合意した。

会談は、オバマ米大統領とプーチン・ロシア大統領の28日の電話会談で決まり、約4時間にわたった。会談後に会見したケリー氏は、クリミア半島の併合を宣言したロシアの行動は国際法を侵していると批判したうえで、「(会談では)緊張緩和の方法を、双方が提案しあった」と語った。

朝鮮日報 社説:【社説】韓日対話を阻む日本の閣僚たち
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/03/31/2014033101314.html

菅官房長官は19日、中国のハルビン駅に開館した安重根(アン・ジュングン)記念館について「日本の立場から言えば犯罪者、テロリスト記念館だ」とも発言した。さらに韓国と中国の首脳会談でこの記念館が話題となったことについて「両首脳は核安全保障サミットの趣旨とは関係ない会談を行った」とまで言ってのけた。こんな発言をする国をどうやって信じ、対話を続けることができるだろうか。

アメリカとロシアが抱える問題の大きさ切実さと日本と韓国の抱える問題の大きさ切実さは、どちらが追う奇異でしょうか切実でしょうか。

アメリカとロシアは首脳同士が電話会談し、外相会談を行いました。日本と韓国は首脳同士の会談どころか外相会談すら出来ていません。

  *        *        *

アメリカとロシアはシリアスな問題、場合によっては戦争になってしまうかも知れない問題があるから、どんなに対立していても信じられなくても話し合う。そして、日本と韓国は、たいした問題はない、昔の出来事をウジウジつつくぐらいしか問題がないから会談を拒否できるとも思えます。

アメリカとロシアの会談は実質的な会談で、日本と韓国の首脳会談は儀式。だから韓国は会談を拒否することで日本にイジワルできる。

  *        *        *

アメリカとロシアが会談し、日本と韓国は会談できない。

アメリカとロシアの関係と日本と韓国の関係、どちらが悪いのだろうか。どちらがどちらを嫌っているのだろうか。

  *        *        *

会わない、話し合わないというイジメや嫌がらせ(あるいは攻撃)に対抗する最強の手段は会わなくても話し合わなくても平気な状態になることです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 美人は得かという愚問 | トップページ | 説教臭いのは嫌い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59395134

この記事へのトラックバック一覧です: 会談がないことをどう考えるか:

« 美人は得かという愚問 | トップページ | 説教臭いのは嫌い »