« 修学旅行禁止と原発全停止 | トップページ | 金持ちは社会の結晶なのだから »

2014年4月25日 (金)

2次災害

2次災害

読売新聞:家族「朴大統領に電話しろ」、潜水士は疲労限界
http://www.yomiuri.co.jp/world/20140424-OYT1T50205.html?from=ytop_main2

「24日までの全員救助」を政府に要請していた行方不明者の家族は、救助活動の拠点、珍島・彭木(ペンモク)港で海洋警察幹部を取り囲み、「大統領に電話しろ」などと不満を示した。ただ、救助チームも、急激な気圧の変化で血液中の窒素が気泡になり血管をふさぐ「潜水病」にかかる潜水士が10人以上に上るなど、疲労が限界に来ている。

救助にあたる潜水士が心配です。無理な作業はミスを招きミスは事故を招きます。ギリギリまで作業を頑張って安全ラインを越えてしまうかもしれません。

「『潜水病』にかかる潜水士が10人以上に上る」

潜水病は命にかかわることもありますし、後遺症が残る可能性だってあります。遺族や行方不明者の家族の気持ちはわかりますけれど、無理をして事故が起きたら、さらに救助活動が遅れます。

  *        *       *

2次災害が心配です。

  *        *       *

あってはならないことですが、こういった作業(作戦)で死傷した方が出ることはあります。そういった方への社会の態度・待遇はとても大事です。社会には命をかけて戦う人間が必要なのですから。

  *        *       *

但し、現場の人間の、兵士の命を軽んじて良いということではありません。

  *        *       *

安全に作業が進みますように。

家族の感情に負けた、あるいは、政治的な得点稼ぎの為に、指揮官が無茶な命令を出しませんように。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 修学旅行禁止と原発全停止 | トップページ | 金持ちは社会の結晶なのだから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59525996

この記事へのトラックバック一覧です: 2次災害:

« 修学旅行禁止と原発全停止 | トップページ | 金持ちは社会の結晶なのだから »