« 国民はひとつ | トップページ | 明治神宮参拝 »

2014年4月18日 (金)

罵声

罵声

東京新聞:不明者家族、朴大統領に罵声 政府の捜索活動に不満爆発
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014041701001743.html

韓国南西部、珍島沖合の旅客船沈没事故で、朴槿恵大統領が17日、行方不明者の家族が集まる珍島の体育館を訪れ見舞いの言葉を掛けたところ、政府の捜索活動が遅れていると不満を持つ家族が大統領に「こんなところにいないで早く対策でも立てろ」などと罵声を浴びせ、騒ぎになった。

亡くなられた方へ哀悼の意を表すと共に一人でも多くの方が救助されますように祈っております。

  *        *        *

災害や事件・事故のニュースでは、時として、こういう場面を目にします。確かに持ちは判るのですが、罵倒したところで何か良いことがあるわけではありません。

  *        *        *

日本の事件事故の報道の場合でも、淡々と事実とロジックで追い詰めるような(事実を明らかにするような)場面よりも、感情的なものが多く目につきます。

  *        *        *

遺族や被害者なら判らないこともないけれど、報道関係者が(記者会見などで)場背を浴びせているのを見ると鬱になります。記者は罵声を浴びせる能力しかが無いのか、あるいは視聴者や読者は改善や事実究明よりも感情的なカタルシスを求めているのだろうかと。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 国民はひとつ | トップページ | 明治神宮参拝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59487615

この記事へのトラックバック一覧です: 罵声:

« 国民はひとつ | トップページ | 明治神宮参拝 »