« 原発事故の被害はたいしたことないと印象づける美味しんぼ | トップページ | 集団的自衛権を急げ »

2014年5月13日 (火)

スピリッツ編集部の姿勢は?

スピリッツ編集部の姿勢は?

J-CAST:「鼻血原因は被ばく」「福島はもう住めない」 「美味しんぼ」過激内容に福島県のほか大阪府・市も抗議
http://www.j-cast.com/2014/05/12204449.html?p=all

インターネット上でも、さっそくさまざまな意見が寄せられ、再び騒動となっている。そうした中、スピリッツ編集部は12日、公式サイト上にコメントを掲載した。4月28日発売号の際に載せたコメントと同様に、鼻血や疲労感と放射線の影響については、「因果関係について断定するものではない」としている。



なお、美味しんぼの「福島の真実編」は次号で完結する。雁屋氏は4日のブログで、最終話は特に「はっきりしたことを言っている」ために「鼻血ごときで騒いでいる人たちは、発狂するかも知れない」と予告している。

編集部は「因果関係について断定するものではない」と逃げ道を作っています。逃げられるほどの道には見えませんが。一方、作者の雁屋氏は「最終話は特に『はっきりしたことを言っている』」としています。

作者は確信犯的に暴走していますが、編集部はあいまいな態度です。

さて、編集部はどうオチを付けるんでしょうか。小学館はどうするんでしょうか。スピリッツのお取り潰しもありそうな感じになってきました。

  *        *        *

ところで、「福島はもう住めない」とか言っちゃっても、実際に人は住んでるし、3年たっても何も起きてない。

時間は、最大の審判者でもあります。3年たって現状が物語ることは、福島には人が住めるであって、住めないなんてことではありません。

  *        *        *

時間という審判は、素人にも判りやすい審判です。時間がたって証拠が出てくれば誰だって判ります。例えば、試合が終わってから、どっちの方が強いと言うのは素人にだって出来るくらい簡単なこと。難しいのは試合が始まる前に、どちらが強いか言うこと。

  *        *        *

福島原発事故から3年が経過しました。試合が終わったとは言えませんが、だいぶ経過し結果が出てきています。その結果とは、福島には人が大勢住んでいること、そして、それが物語る原発事故で漏洩した放射能での健康被害の小ささです(ゼロに近い)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 原発事故の被害はたいしたことないと印象づける美味しんぼ | トップページ | 集団的自衛権を急げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59634522

この記事へのトラックバック一覧です: スピリッツ編集部の姿勢は?:

« 原発事故の被害はたいしたことないと印象づける美味しんぼ | トップページ | 集団的自衛権を急げ »