« 領土と女 | トップページ | 政権が変わって、解釈が変わる。何が悪いの? »

2014年5月21日 (水)

小さすぎて見えない

小さすぎて見えない

中日新聞:作者側に理解示す 美味しんぼ問題で嘉田知事
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20140521/CK2014052102000026.html

一方で「低線量被ばくなどは医学的、科学的に証明されていない。皆で考える、建設的な意見表明の場にするべきで、あげつらうのは作品の価値を低める。福島の皆さんの苦しみ、生活困難への共感は一貫して持ち続けていきたい」とも述べた。

低線量被曝での健康被害について判っていることがあります。それは、無いか、あったとしても、すんごく小さいってことです、探しても見つからないほど小さいのです。それが、医学的科学的に判っていることです。福島原発事故からの3年数ヶ月の時間もそれを証明しています。

  *        *        *

反原発派の方々も健康被害を指摘できていません。マンガの世界で鼻血をだしたりすることがせいぜいなのです。もちろん鼻血が出ていると主張する方もいらっしゃいますけれど、極小数、そして政治的。

  *        *        *

健康被害がゼロであると科学的に証明することは困難でしょう。どこまで行っても未知のものが残るから。無いと証明するのは困難です。でも、あったとしても、見つからないくらい小さいということは実証されているのです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 領土と女 | トップページ | 政権が変わって、解釈が変わる。何が悪いの? »

コメント

いつも拝読しております。

 「美味しんぼ」の鼻血論争、どれくらいの人がいつどのように鼻血を流したのか、またその科学的なプロセスはどうなのかという本質的な部分があんまりないまま、話が独り歩きしている気がします。
 飯田氏のfbに、斯様の記事を見つけました。信じたい人が信じたい文章を自分が信じたいように読む、という傾向が、反原発派・そうでない派両方にあるような気がしますが、一読の価値はあろかと思います。(この名誉院長氏の見解に賛同するかどうかとは別に)

https://www.facebook.com/tetsunari.iida/posts/10203994195594471?notif_t=like

投稿: いつもよんでおります | 2014年5月21日 (水) 09時36分

沢田研二・坂本龍一・山本太郎・布袋寅康・UA
モンゴル800は「美味しんぼ」について
どう思っているの?

投稿: にゃ | 2014年5月21日 (水) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59679269

この記事へのトラックバック一覧です: 小さすぎて見えない:

« 領土と女 | トップページ | 政権が変わって、解釈が変わる。何が悪いの? »