« スピリッツ編集部や小学館にも責任あり | トップページ | 原発の何がいけないか~鼻血のバカバカしさ »

2014年5月10日 (土)

言わなきゃ伝わんない

言わなきゃ伝わんない

J-CAST:「美味しんぼ」原作者「鼻血ごときで騒ぐ人は発狂するかも」 「原発」続編は「もっとはっきりしたことを言う」と予告
http://www.j-cast.com/2014/05/05203950.html?p=all

作中では医師が「福島の放射線とこの鼻血とは関連付ける医学的知見がありません」と説明するものの、本人役で登場する前双葉町長の井戸川克隆氏は、自身も鼻血が出ることや疲労感が強くなったことを明かした上で「福島では同じ症状の人が大勢いますよ。言わないだけです」と口にしている。

「言わないだけです」ってのは説得力を無くしてしまうフレーズだと思う。だって、これが許されるなら何だって言えちゃうもの。例えば「朝鮮半島併合に韓国の人は感謝しているんです。みんな言わないだけです」とだって言えちゃう。

もっとトンデモなことを考えれば「日本人は宇宙人なんです。みんな言わないだけです」とでも言えちゃう。

  *        *        *

このフレーズを見た瞬間に、ああトンデモの人だと妄想を読んでいる気分で(事実としての興味ではなく、何故この人は妄想を語るのか、という興味で)読んでしまいます。

  *        *        *

「言わないだけです」はダメです。言わなくちゃ伝わりませんし、それで認められらたら何でも主張できるようになってしまいます。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« スピリッツ編集部や小学館にも責任あり | トップページ | 原発の何がいけないか~鼻血のバカバカしさ »

コメント

語尾や会話の間に卑下語、あるいは猥褻語(下ネタ)で「XXXーー!」と言ってしまうのは『汚言症』。幼児期の抑圧が抜け切れない発達神経症のうち、ストレス反応としてチックが加わる。
全身性チックに汚言も加わるとジル症候群。
男性に多い。

概ねチック・汚言症は、幼児期の「抑圧」から表出されるものであるが故に
「下ネタを言うことが大人」
「人を嘲笑して見下すことが大人」
という劣等感を動機とした勘違いから、
「もっと自分に注目してくれ(ママ、僕だけを見て)」という「これ見よがし」が目立つ。
そこが実に幼児らしい

罵詈雑言ばかりを吐き続ける人は【情緒障害】傾向が強い。
(自閉症、アスペルガー、LD、ADHDなどの発達障害とは異なる) これ見よがしに大声で卑猥な隠語や話を連発したりする節操ない人も同様に情緒障害

大人になっても「あっあっ」「えっえっ」「あうー」など母音を使用するクーイングを言う人もいる。しかし突発的な場合、喃語(なんご)である場合が多い。
喃語とはクーイングしていた乳児が生後4ヶ月頃から発する意味のない声(主に子音も含む)。
大人で突然、意味不明に叫ぶ人というのはこれ。

抑圧していた幼児的願望が爆発するとき乳児期の喃語も表出する。
口癖のように、文頭語尾にバカだのアホだの罵声をつけて相手に言わないと気が済まない人、舌打ちする人、そんなチック・情緒障害も同様に、乳幼児の頃の「自分を構ってよ、ママ。」という裏返し。
老いても表出させる甘え願望の行動化。

投稿: Lizzy | 2014年5月10日 (土) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59615686

この記事へのトラックバック一覧です: 言わなきゃ伝わんない:

« スピリッツ編集部や小学館にも責任あり | トップページ | 原発の何がいけないか~鼻血のバカバカしさ »