« ふわふわ | トップページ | 政治はご都合主義なのです »

2014年5月15日 (木)

保証は

保証は

朝日新聞:同調する野党、反発する野党 集団的自衛権巡り温度差
http://www.asahi.com/articles/ASG5H41MZG5HUTFK009.html?iref=com_alist_6_02

民主党の海江田万里代表は「集団的自衛権の行使が限定的なものだという保証はどこにもない。限定的という印象を強く植えつけようと、手の込んだ芝居を見せられた感じだ」と語り、首相会見を批判。「戦

国家の基本は暴力の独占にある。ある領域で暴力を独占し外部からの暴力を排除できることこそが、国家の成立&存続の条件だ。別な視点から言えば、そういった暴力装置の存在と暴力装置の人々が従う正当性ということでもある。

日本で言えば自衛隊と警察や税務署などの権力装置が機能していることとそこで働く人々が従う権威と正当性ということになる。

「集団的自衛権の行使が限定的なものだという保証はどこにもない」

保証は、さきに言った権力装置、言葉を替えればそこで働く人々が従う権威、つまり日本は国民国家だから国民が保証となるだろう。

  *        *       *

日本は国民国家だ。国民が戦争を望めば、あるいは愚かであれば、戦争を防ぐあらゆる保証は無効化されるのだ。

  *        *       *

ぶっちゃけた話をしてしまえば、「保証はどこにもない」というのは全く正しい。国民が戦争を望まないという保証はないし、愚かでないという保証もないのだから。

  *        *       *

保証を求める、という気持ちは判る。しかし、世界は流動的で、生きている限りいろんなことが起きる。保証はホドホドにしか得られないもので、人間は(そしてあらゆる生き物は)危なっかしく生きることしか出来ないのだ。

完全な保証を求める人間は、石のように固まって(死んでいるかのように)いることを望んでいるようなもので、生き生きとした生活は危なっかしいものなので、「生き生きとした保証された生活」は矛盾を(無理な事を)望んでいることを知るべきだ。

  *        *       *

「保証」ほどほどに求めよう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« ふわふわ | トップページ | 政治はご都合主義なのです »

コメント

>日本は国民国家だから国民が保証となるだろう。

今以上に、選挙の重要性が高まるということ。
付和雷同で投票すれば、わが身に返ることを、自覚しないと。

行使の要件を出来うる限り固く守ろうとする人を、選ぼう。
どうなるかわからないなどと、守ろうという努力をしない無責任な人は、落そう。
時の変化に鈍感で、意固地になって守る人も排除。

投稿: a | 2014年5月17日 (土) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59649525

この記事へのトラックバック一覧です: 保証は:

« ふわふわ | トップページ | 政治はご都合主義なのです »