« イメージと風評は社会の問題 | トップページ | 権力と戦うつもりで、民衆と戦ってしまった »

2014年5月 1日 (木)

主人公死亡により

主人公死亡により

毎日新聞:漫画「美味しんぼ」:原発取材後の鼻血の描写で物議
http://mainichi.jp/select/news/20140429k0000e040156000c.html

小学館が28日に発売した週刊誌「ビッグコミックスピリッツ」5月12、19日合併号の人気漫画「美味(おい)しんぼ」(雁屋哲作・花咲アキラ画)で、東京電力福島第1原発を訪れた主人公らが鼻血を出す場面が描かれ、読者から問い合わせが相次いでいることが分かった。同誌編集部は「綿密な取材に基づき、作者の表現を尊重して掲載した」などとするコメントを発表した。

漫画の内容は、主人公である新聞社の文化部記者の山岡士郎らが取材のために福島第1原発を見学。東京に戻った後に疲労感を訴えて鼻血を出し、井戸川克隆・前福島県双葉町長も「私も出る」「福島では同じ症状の人が大勢いる。言わないだけ」などと発言している。

放射線を鼻血が出るほど被爆してしまうと、生命の危険があります。主人公の山岡さんは死んでしまうかもしれません。主人公の死亡により連載終了となってしまうのでしょうか。

もしも、山岡さんが死なず、いままでどうりのグルメな生活をしたりしたら、「放射能なんてたいしたことない」「鼻血が出ても、いつもとおなじ仕事や生活が出来る」というメッセージになってしまいかねません。それとも、延々と、体調が悪いよ~と反原発一直線のマンガになってしまうのでしょうか。

  *        *        *

事故直後ならともかく3年以上も経過し、一般にも放射線被曝についての知識を持っている人が増えました。専門家には負けるでしょうけど、大きな方向性というか、どのていどの危険性なのかと言ったことを知っている人が増えました。

3年前なら、「読者から問い合わせが相次いでいる」とか「物議」なんてことは無かったでしょう。

  *        *        *

毎日新聞:漫画「美味しんぼ」:原発取材後の鼻血の描写で物議
http://mainichi.jp/select/news/20140429k0000e040156000c2.html

立命館大の安斎育郎名誉教授(放射線防護学)の話 放射線影響学的には一度に1シーベルト以上を浴びなければ健康被害はないとされるが、心理的ストレスが免疫機能に影響を与えて鼻血や倦怠感につながることはある。福島の人たちは将来への不安感が強く、このような表現は心の重荷になるのでは。偏見や差別的感情を起こさない配慮が必要だ。

コンテンツは自由であるべきと思うけれども、被害が出る(可能性)のあるものについては、警告を付けるなどするべきだ。「ビッグコミックスピリッツ」の表紙に「精神的被害をもたらす可能性があります」などと警告表示をしても良いかもしれない。

  *        *        *

BSで海外のニュースを見ていると、時々「ショッキングな場面があります」という警告があるときがある。主権者として国民は、残酷なことであっても起きている現実を知らなければならない。つまり報道する大義はある。一方で、フラッシュバックなどの被害を起こすことは避けねばならない。それで、警告してから(ダメな人にチャンネルを変える時間を与えて)報道するのだろう。

報道に大義があるなら、漫画家には表現の自由がある。

  *        *        *

風評被害は難しい。被害者可哀想、と思うのは簡単だけれど、加害を起こす(加害の原因となる)ものを規制するのは、とても難しい。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« イメージと風評は社会の問題 | トップページ | 権力と戦うつもりで、民衆と戦ってしまった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59562046

この記事へのトラックバック一覧です: 主人公死亡により:

« イメージと風評は社会の問題 | トップページ | 権力と戦うつもりで、民衆と戦ってしまった »