« スピリッツ編集部の姿勢は? | トップページ | 通説と異なっていても、それだけではかっこ良くない »

2014年5月13日 (火)

集団的自衛権を急げ

集団的自衛権を急げ

WSJ:中国の挑発行為に高い代償―ASEANとの外交交渉は進まず
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303352004579559462201908716?tesla=y

中国は、国際社会の無法者というレッテルを貼られるのを望んでいない。最終的には法に基づく国際ルールを変えたいという意図があるかもしれないが、中国は長年かけて国際社会の一員になろうと莫大な労力をつぎ込んできた。

さらに、中国の挑発行為で東南アジア諸国は米国に接近し、一部の国は中国のライバルである日本との距離を縮めている。軍事専門家らは、中国のパワーに対抗する新たな地域グループ結成の可能性が、中国の行動を抑止する効果を生むかもしれないと考えている。

集団的自衛権の行使を認めてベトナムやフィリピンと(そして米国と)同盟を組んで中国を抑止するべきだと思う。

  *        *      *

集団的自衛権の行使を認めないということは弱い者が強い者に踏み潰されてゆくのを、ただただ指を加えて見ていることだ。そして自分の番になったら、唯一人で、味方は誰もいないということだ。

集団的自衛権の行使を認めるべきだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« スピリッツ編集部の姿勢は? | トップページ | 通説と異なっていても、それだけではかっこ良くない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59638211

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権を急げ:

« スピリッツ編集部の姿勢は? | トップページ | 通説と異なっていても、それだけではかっこ良くない »