« なぜ船長? | トップページ | ふわふわ »

2014年5月14日 (水)

経営者の甘え

経営者の甘え

朝日新聞:すき家のゼンショーHD社長「3K仕事やりたがらない」
http://www.asahi.com/articles/ASG5G5FL3G5GULFA02J.html?iref=comtop_6_02

人手不足に悩む外食大手ゼンショーホールディングスの小川賢太郎社長は「日本人はだんだん3K(きつい、きたない、危険)の仕事をやりたがらなくなっている」と嘆く。傘下の牛丼チェーン「すき家」では2月以降、アルバイト不足で一時閉店が相次ぎ、28店が今も休業中。景気回復に伴う人手不足は、外食や小売りで深刻だ。原則である24時間営業をやめる店も出ているといい、「深夜営業が一番難しい」。

日本の経営者は従業員・社員に対して甘えていた(甘えることが許されていた)のではないだろうか。

  *        *        *

会社が従業員や社員に対して無理・無茶な要求しても、社員は頑張って応えてくれる、逃げ出したりしない、と思っているのではないだろうか。しかし、会社が従業員や社員を守らなくなってきている現在、従業員や社員も会社の無茶な要求に応えなくなってきているのではないか。

  *        *        *

いったん就職したら会社は、定年退職するまで従業員・社員の家族と生活を守る。少なくとも最大限の努力をする。それがあれば、会社は無茶な要求も出来た。しかし、いつクビを切られるかもしれないのであれば、自分を守ってくれないのであれば、会社の無茶な要求に応える義理もなくなる。

  *        *        *

年功序列と終身雇用は従業員・社員に甘えを許したけれど、同時に、経営者にも甘えを許してきたのではないだろうか。

  *        *        *

会社は誰の者か、という問いがある。もし、会社が従業員のものではないなら、会社は従業員に何を与えられるか、そしてそれは他社よりも良いものかを自らに問わなければならない。何故なら、それは労働という対価を払ってくれる外部の人間(つまり「お客様」)なのだから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« なぜ船長? | トップページ | ふわふわ »

コメント

>3K仕事やりたがらない

これのどこが悪いのだろう。
職場間に競争がある以上、魅力ある職場(仕事内容、賃金、環境など)に流れるのは、当然でしょう。
資本主義の中にどっぷり浸かっていると思える経営者が、競争の原理を理解していないことに、驚き!
魅力ある職場になれば、3Kでも働く。
時給1万円にでもすれば、人は来ますよ。

投稿: a | 2014年5月19日 (月) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59643142

この記事へのトラックバック一覧です: 経営者の甘え:

« なぜ船長? | トップページ | ふわふわ »