« 沖縄は諦めてください、ですか? | トップページ | クスッと笑おう »

2014年5月23日 (金)

信念と現実

信念と現実

スポーツ報知:「美味しんぼ」の雁屋哲さん、取材対応を先延ばし
http://www.hochi.co.jp/topics/20140523-OHT1T50053.html

東京電力福島第1原発事故による健康影響の描写などで議論を呼んだ漫画「美味(おい)しんぼ」の作者雁屋哲さんが22日、「まだ冷静な議論をする状況にない」として、メディアの取材を受けるのを先延ばしにする意向をブログで明らかにした。

ブログによると、雁屋さんは7月末まで海外に滞在中。漫画に対して反響が大きく、ファンから描き続けてほしいとのメッセージが多く届いたという。

「人は信じたいものを見る」というような言葉があります。反原発派、特に「鼻血」などの健康被害を主張する反原発派の方々のことを見ていると、この言葉を、対話の不可能性を示す言葉として思い起こします。

でも、この言葉をいったカエサル(シーザー)は、戦争に勝った後に、この言葉を発しました。敵が見事に罠にかかったことを表して言ったのです。つまり、なぜ敵は罠にかかるような判断をしなのか、の理由としてです。

  *        *        *

人は信じたいものを見ます。しかし、いつか現実にぶつかって結果を突きつけられます。

  *        *        *

反原発派、と言うか原発危険神話を信仰している方々は、いつか現実にぶつかるでしょう。何年経っても健康被害が出ないという現実に。そのとき、彼等は、失った時間(人生には時間制限があります。例えば出産はその最たるものです)をどう思うのでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 沖縄は諦めてください、ですか? | トップページ | クスッと笑おう »

コメント

12日の1号機爆発。吉田氏は水素を抜く装置が稼働していると勘違いし、
「水素がたまっているという発想になかなか切り替えられなかった」と述べた。


2014年5月23日 金曜日

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/476ce384ddf3f6daca9cd44c771db674

投稿: blog | 2014年5月23日 (金) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59689705

この記事へのトラックバック一覧です: 信念と現実:

« 沖縄は諦めてください、ですか? | トップページ | クスッと笑おう »