« 否決したのは株主 | トップページ | いじめを放置しても「平和」ですかね »

2014年6月28日 (土)

力はカネと人事だから

力はカネと人事だから

朝日新聞:辞意表明の韓国首相が留任 後任辞退相次ぎ、窮余の策
http://www.asahi.com/articles/ASG6V5480G6VUHBI021.html

韓国大統領府は26日、旅客船沈没事故の責任を取って辞意を表明していた鄭烘原(チョンホンウォン)首相を留任させると発表した。後任に指名した首相候補が2人続けて辞退に追い込まれ、切るカードがなくなった末の窮余の策。大統領府は人事システムの改善も表明して国民に理解を求めたが、朴槿恵(パククネ)大統領の指導力が問われるのは必至だ。

予算配分と利権、つまりカネで圧力団体と交渉し、地位(大臣などなど)を与えたり剥奪することで政治家に対して影響力を確保する。権力者の意志を体現するものは、言葉よりも、予算配分と人事です。

  *        *       *

普通の企業でも、社長の訓示がタテマエなら、予算(事業計画)と人事はホンネ。

  *        *       *

人事は力の象徴であり、能力を示すものでもあります。朴大統領は能力不足を露呈したと言っても良い。さらに心配なのが、人事資源は枯渇するというか、あんまり次々交代させていると「もう誰もいない」とか「小者ばっかり」ってことになりかねない。

大統領任期はまだまだあるのに大丈夫でしょうか(私が心配することではないですが)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 否決したのは株主 | トップページ | いじめを放置しても「平和」ですかね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59888344

この記事へのトラックバック一覧です: 力はカネと人事だから:

« 否決したのは株主 | トップページ | いじめを放置しても「平和」ですかね »