« 将来世代へ何を残すか | トップページ | 日本が悪いと韓国が滅亡する? »

2014年6月22日 (日)

推定有罪と日韓友好は両立しない

推定有罪と日韓友好は両立しない

沖縄タイムス 社説:[河野談話検証結果]日韓関係壊すつもりか
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=73750

第1次安倍内閣は2007年、議員の質問主意書に対して「軍や官憲による、いわゆる強制連行を直接示すような記述も見あたらなかった」との答弁書を閣議決定した。

だが、資料がないからといって強制連行がなかった、と断定することはできない。

河野談話作成にあたって、韓国からさまざまな注文がついていたことを示すことで、安倍政権は何を狙っているのだろうか。

「談話は見直さないが、実質的に無効化する」との疑いが消えない。

資料や証拠なしに有罪判定をして良いのでしょうか。推定有罪で良いのでしょうか。こいった「理不尽さ:が日本の反発を招いているのではないでしょうか。

毎日新聞 社説:河野談話の検証 これで論争に終止符を
http://mainichi.jp/opinion/news/20140622k0000m070077000c.html

菅義偉官房長官が談話継承を改めて強調したのは当然だ。米国務省のサキ報道官は「米国は河野談話を見直さないとした菅長官の声明に留意している」とその姿勢を支持した。

韓国側にも配慮を求めたい。過剰な表現で一方的な批判をするのは控えてほしい。こうした言動への日本国民の不快感が、談話見直しへの一定の支持につながっているからだ。

過去を冷静に見つめ、未来に生かす発想を互いに今一度思い起こそう。検証をその契機にしたい。

韓国や日本の一部の証拠はないけど有罪だという言動を容認したままでは、日韓友好は成立しないでしょう。

  *        *        *

ただし、日本にとっては「痴漢じゃない。合意の上のそういうプレイだ」という言い訳と同じなので、イメージの毀損になっていること。韓国の目的が日本のイメージ低下である場合は、十分に目的達成であることを憶えておくべきです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 将来世代へ何を残すか | トップページ | 日本が悪いと韓国が滅亡する? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59855647

この記事へのトラックバック一覧です: 推定有罪と日韓友好は両立しない:

« 将来世代へ何を残すか | トップページ | 日本が悪いと韓国が滅亡する? »