« 衆院選挙の時から判っていたことでは | トップページ | 拉致問題の優先順位を下げろと? »

2014年6月27日 (金)

やらなかったら昨日と同じ明日が来るだろうか

やらなかったら昨日と同じ明日が来るだろうか

秋田魁新報:社説:集団的自衛権 与党協議を白紙に戻せ
http://www.sakigake.jp/p/akita/editorial.jsp?kc=20140626az

確かに、集団的自衛権の行使を容認したからといって、直ちに日本が戦争に加わることを意味するわけではない。気をつけなければならないのは、時の政権や国会の判断により戦争参加が可能になるということだ。

日本が攻撃されていないにもかかわらず、他国のために自衛隊が海外に出向き、戦争に加わる恐れが一段と高まるのである。与党協議で最も足りないのは、行使容認の先にどのような事態が待ち受けているのか、という議論だ。

そういった議論はもちろん必要だ。しかし、集団的自衛権の行使を容認しなかったらどのような事態が待ち受けているのかという議論も必要だ。

  *        *        *

日米安保では日本にアメリカを護る義務はありません。日本の自衛隊が米軍を見捨てても法的には問題ないでしょう。ですが、感情的にはどうでしょうか。日本に対するアメリカの国民感情はどうなるでしょうか。おそらく、厳しいものになるでしょう。その場合に、日米安保は十全に機能するでしょうか。

アメリカは法治国家で民主国家です。条約としては日本を護る義務があるから動きはするけれど、国民感情的に積極的には動かないなんてことが起こらないでしょうか。

  *        *        *

日本をとりまく環境は変化しつづけています。日本の近辺でアメリカ軍が交戦するなんて事態やアメリカ領土への弾道ミサイルを日本が迎撃できる可能性を持つなんてことはありませんでした。しかし、徐々にその方向に世界は動いているように思えます。

新しい事態になった時、昨日と同じことだけして、で、昨日と同じ明日が迎えられるでしょうか。

  *        *        *

やったらどうなるかという議論はもちろん必要です。けれど、やらなかったら、どうなるかという議論も必要です。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 衆院選挙の時から判っていたことでは | トップページ | 拉致問題の優先順位を下げろと? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59883354

この記事へのトラックバック一覧です: やらなかったら昨日と同じ明日が来るだろうか:

« 衆院選挙の時から判っていたことでは | トップページ | 拉致問題の優先順位を下げろと? »