« 役に立つのかな? | トップページ | 戦争を終わらせるのは、始めるよりも難しい »

2014年6月20日 (金)

こんな自民党に負けたと

こんな自民党に負けた

沖縄タイムス:社説[石原氏「金目」発言]こんな大臣はいらない
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=73502

お金では取り戻すことができないかけがえのないふるさとを失い、帰るに帰れぬ被災者の苦悩に思いをいたすことができないばかりか、傷口に塩を塗り込むような暴言である。こんな人に環境行政を任せることはとてもできない。

東京電力福島第1原発事故に伴う除染廃棄物を保管する国の中間貯蔵施設建設をめぐり、石原伸晃環境相は16日、「最後は金目でしょ」と言ってのけた。地域コミュニティーを引き裂かれ、将来を見通せない不安と困難の中で生活する被災者の頬を札束でひっぱたくようなものである。



野党時代の2012年、自民党幹事長だった石原氏は、汚染土壌の保管先は「福島原発第1サティアンしかない」とオウム真理教の教団関連施設に例えて発言したことがある。「被災者に寄り添う」とうわべだけ取り繕う。そんな環境相はいらない。

石原伸晃環境相への批判は、ごもっともなのでありますが、問題なのはこんな人間が大臣をやっているということよりも、こんな大臣がいる政権に選挙で勝てる政党がないということでしょう。

  *        *        *

石原さんは昔から失言というか問題発言の多いひとだし、「汚染土壌の保管先は『福島原発第1サティアンしかない』」という発言だって、2012年9月、つまり自民党が政権を奪還した選挙の数か月前に飛び出している。選挙民は石原さんの発言を聞いた上で、それでも民主党や共産党よりも自民党の方がマシであると選択したのだ。

  *        *        *

「金目」発言は非難されるべきだ(「予算の問題」とか言いようはあっただろうに)。野党が攻撃するのももっともだ。しかし、野党には「こんなヤツらに負けた」という現実を直視してもらいたい。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 役に立つのかな? | トップページ | 戦争を終わらせるのは、始めるよりも難しい »

コメント

斑目さんと同じ。

でも現実、金積んで納得させてきた。

投稿: meru | 2014年6月20日 (金) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59844743

この記事へのトラックバック一覧です: こんな自民党に負けたと:

« 役に立つのかな? | トップページ | 戦争を終わらせるのは、始めるよりも難しい »