« やらなかったら昨日と同じ明日が来るだろうか | トップページ | 否決したのは株主 »

2014年6月27日 (金)

拉致問題の優先順位を下げろと?

拉致問題の優先順位を下げろと?

朝鮮日報:【社説】韓国政府に対日外交戦略はあるのか
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/06/26/2014062601343.html

安倍政権によるこれら三つの行動は結果として韓日関係を悪化させ、北東アジアの平和と安全保障秩序にマイナスの影響を及ぼしかねない。ところが日本は韓国との事前協議を一切行わなかった。日本は少し前まで外交面で何らかの重要政策を行う際には、北朝鮮の核問題に対応するための韓米日3カ国による協力体制の必要性を常に強調してきた。ところが現時点で北朝鮮は核兵器開発を放棄する気配を全く示していないにもかかわらず、安倍首相は近く訪朝まで検討していると伝えられている。

安倍首相が訪朝するとしたら、拉致問題の解決の為であり、なんらかの進展が得られた(あるいは得られるという予測がある)場合だ。日本は拉致問題解決の為に動いている。

北朝鮮が拉致問題解決に動いて、日本と北朝鮮との関係が改善されたら、核問題の解決にマイナスだという心配は理解する。しかし、それは核問題の解決の為に拉致被害者を見捨てる(見捨てるとまでは行かなくても優先度を下げる)ことなのだ。

  *        *        *

朝鮮日報は核問題解決の為に拉致被害者を見捨てろと言うのだろうか。もし、そんなことを日本が言われたら、日本の韓国に対する国民感情は(すでに悪いのに)もっと悪くならないだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« やらなかったら昨日と同じ明日が来るだろうか | トップページ | 否決したのは株主 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59883425

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致問題の優先順位を下げろと?:

« やらなかったら昨日と同じ明日が来るだろうか | トップページ | 否決したのは株主 »