« それで死者が出たら、どう思うのだろうか | トップページ | アメリカの弱点 »

2014年6月 2日 (月)

日本の幸運

日本の幸運

読売新聞:中国公船が体当たり、越沿岸警備隊の船体に穴
http://www.yomiuri.co.jp/world/20140602-OYT1T50128.html?from=ytop_top

ベトナム国営紙トイチェーなどによると、中国が石油掘削を始めた南シナ海のパラセル(西沙)諸島海域で1日、ベトナム沿岸警備隊の船が中国海警局の公船に体当たりされ、船体4か所に穴が開くなど激しく損傷した。

アヘン戦争は、当時の欧米列強各国がいかに強大で残酷かということを日本に教えてくれたと言う意味で、(日本にとって)幸運でした。中国にとっては不幸な出来事ですが。

ベトナムやフィリピンが、現在、中国に受けている仕打ちは、日本に中国の行動原理(弱いものにt対してどうでるか)を教えてくれているという意味で(日本にとって)幸運な出来事です。もちろん、ベトナムやフィリピンにとっては最悪な出来事ですが。

  *        *        *

侵略される順番が後の方だった(後の方である)ことは幸運です。少なくとも学ぶチャンスがあるのですから。

  *        *        *

アヘン戦争当時、日本が中国(当時の清国)に対して出来ることはありませんでした。しかし、現在、日本がベトナムやフィリピンに対して行えることはあるのではないかと思います。それも日本の幸運だと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« それで死者が出たら、どう思うのだろうか | トップページ | アメリカの弱点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/59749526

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の幸運:

« それで死者が出たら、どう思うのだろうか | トップページ | アメリカの弱点 »